« 美女と野獣、ブサイク女とイケメン | Main | 14年目の命日が近付く尾崎豊とYOUTUBE »

April 08, 2006

菅さんヨウ頑張ったなつう感じが強いです

民主党:新代表決まる 「ニュー小沢」に再生を期待とのこと、民主党代表選:小沢氏が大差で選出 菅、鳩山両氏起用へとも書かれております、119対72で47票差の大差と書かれておりますが、菅さんヨウ頑張ったなつう感じが強いです、さて「老壮青」と言われますが、小泉さんと同じ1942年生まれといいますから今年で64歳です、これは明らかに老の部類でしょう

政界ということを考えても「老」は60歳以上、「壮」は50歳代、「青」は49歳以下と考えるべきで、代表だとか首相にはやっぱり基本「壮」といわれる50歳代の人が就くべきです、小沢さんは数年前に菅さんが年金未納に絡んで代表を辞任したときに、当時は新進党が民主党に合同してまもないという事情はあったにせよ、代表となるべきだったとの考えに変わりはありません

人気ランキングはどうなっているんだろう?

そのとき岡田さんを幹事長にしていれば、今回あるいは次回の代表は岡田さんつうことでうまく回ったと思います、そして政治の基本は数の論理といってもその数の意味が違ってきています、確かに当選しなければ何の意味もありませんが、それは議員数ではなく支持してくれた票の数です

その意味で旧自民党の守旧派と言われる綿貫さん、亀井さんと組むのは止めるべきです、民主党の支持者で彼らの意見に同調する人は少ないと思います、小泉さんのようにそういう人を切ってでも全体の票の数で議員を集めるべきです、どうもそこらあたりに小沢さんの限界があるような気がしています

《追記》
コメントありがとうございます、タロウ君ご推薦ですか...うんじゃまエロ拓様なんゾは如何ですか?立候補をご予定されているとか、しかし47歳で自民党の幹事長までなった人ですから、今から一回り前の50歳前半で首相になるべき人だったんじゃないでしょうか...

《追記2》
コメントありがとうございます、先に小沢氏をたてて狡猾な小泉首相と噛ませていたら、よほどおもしろい政治状況が出現したような気がしますとのこと、おっしゃるとおりなんですよね、小沢代表・岡田幹事長ならあの大敗はなかったと思います、前原さんも代表になる前に1回幹事長をやるべきでしたネ

|

« 美女と野獣、ブサイク女とイケメン | Main | 14年目の命日が近付く尾崎豊とYOUTUBE »

Comments

まあ何というか、このまま自民党の一人がちでもしょうがないですし、かといって今の民主党では・・・。壊し屋の名に恥じぬよう、今の民主党をぶっ壊し、自民党に対抗できる党にするよう、心から望みます。
 ちなみに私は麻生氏支持なんですけどね。

Posted by: シルバニア | April 08, 2006 02:13 PM

小沢氏でしか選択の余地は無かったかもしれませんが、やはり小沢氏しかいないかと言うところです。政治的手腕は前代表よりもよほど老獪でしょうが、もう老獪の域に入っているのが実は大問題でしょう。

結果から言うのは簡単ですが、エントリーにもあるように、民主党は党内抗争のあおりで、代表の順番をしくじったと言うところでしょうか。

先に小沢氏をたてて狡猾な小泉首相と噛ませていたら、よほどおもしろい政治状況が出現したような気がします。やはり岡田氏や前原氏では小泉首相の相手には相当な役不足であったという事です。

小沢 vs 小泉で盛り上げておいて、次期政権の座を現在の自民党の後継候補と目されている、麻生氏、安倍氏、福田氏と、岡田氏、前原氏と争わせたら現在とは違う展開があったような気がします。

もっともその前の菅氏の年金未納問題の勇み足も痛かったと言えば痛かったですから、小泉首相はよほど強い運を持っていたと言う事でしょう。

民主党が政権を握るには、個人的には強面小沢氏では最終的に国民的支持を取り付けるのは難しそうな気がしますので、なんとかうまい演出でプリンスを育て、その辺で勝負ぐらいかなと思ってはいますが・・・。

Posted by: Yosyan | April 08, 2006 04:52 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 菅さんヨウ頑張ったなつう感じが強いです:

» 「豪腕」に再生託した民主党 小沢一郎・新代表誕生 [800字コラム【僕の伝言板 】]
「豪腕」「壊し屋」「寝技意」「仕事師」「役者」・・・小沢一郎氏を形容するイメージは多い。瀕死の重傷に陥った民主党の再生に、最初にして最後の党代表という表舞台に登場。「政治生命を賭ける」と言い、「党改革のために、先ず自分自身を変える」との宣言は大きい。 同じ党内でも育った政治風土が全く違う菅直人氏を大差で破って「最後の勝負」に出ただけに、良くも悪くも「小沢一郎」という「豪腕」政治家に期待する若手議員も多かった。田中角栄元総理に見出されて頭角を現し、47歳にして自民党幹事長に抜擢された「役者」は、その後... [Read More]

Tracked on April 08, 2006 11:27 AM

» 民主党新代表は小沢氏 [穴場スポットコラム・なるほ堂]
 昨日行われた代表戦で管氏を破り、小沢氏が民主党の新代表に選ばれました。なんというかようやく表に出てきましたね、という感じです。「豪腕」との評価がある一方で、「壊し屋」「黒幕」などのマイナスイメージを、どう払拭するかが課題となるようです。  前にも言いま....... [Read More]

Tracked on April 08, 2006 02:08 PM

» 「日本も中国も好き」という愛国心 [Make Your Peace]
いわゆる「改憲」派の方々は、自分達は愛国者で、護憲を主張する人間を日本嫌いだと思っているようです。これが議論の大前提になっているんですよね。 で、愛国者は中国や韓国を声高に批判し、日本だけが唯一無二の素晴らしい国であると主張するものだと信じていらっしゃるようです。 でも、それってちょっと違いません? そもそも国とひとくちに言っても、国家体制と国民とは別物。国とは、仲間や家族などの愛する者たちの延長ではありません。この両者を峻別してこそ近代人。 お互いを尊重し合うのも愛国心です。自分... [Read More]

Tracked on April 08, 2006 04:51 PM

« 美女と野獣、ブサイク女とイケメン | Main | 14年目の命日が近付く尾崎豊とYOUTUBE »