« ギミー・シェルター(ストーンズ東京公演) | Main | 富裕層ビジネス@ストーンズライヴ »

March 25, 2006

改宗者を死刑するのは止めた方がいい

アフガニスタン:「改宗で死刑」に待った 判決控え、ライス米国務長官が善処要求とのこと、イスラムからキリストへの改宗つうわけで、イスラムの言うこともわからぬではないが、さすがにこれはまずかろうと思う、仏教寺院の爆破もそうだが無慈悲な殺人にみえるようなことは極力避けるべきだ、欧米人がイスラムに恐怖感を抱くという悪効果の方が、イスラム内部の規律を優先させるという良効果を遙かに上回るように感じる、如何だろうか?

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
コメントありがとうございます、タリバン時代の方が寛容であったとは思えませんがこの法律は奇妙です、オスマントルコの時代はイスラム全盛の時代ですから、キリスト教を見下す余裕があったのではないかと推察します、そしてイスラムは確かに日本人には理解し辛いのですが欧米人にはもっと意味不明なのでしょう、でもイスラム、キリストそしてユダヤは、いずれも旧約聖書をその聖典のひとつとする兄弟宗教つう話しもきくのですが...

《追記2》
コメントありがとうございます、先程優しいオロゴン星人^^さんのナースコール受付ますたというコメントを読みました

《追記3》
コメントありがとうございます、近親憎悪の典型がパレスティナ問題です、バルカンの問題も厳しいです、戦争が二度と出来ないほど科学が発展し過ぎました、何とか平和になって欲しいと思うのですが...

|

« ギミー・シェルター(ストーンズ東京公演) | Main | 富裕層ビジネス@ストーンズライヴ »

Comments

イスラム教の守護者を自認し、キリスト教国家を圧迫する事を国是としたオスマントルコ帝国でも他の宗教にはもっと寛容だった気がします。ハレムのお妃であってもキリスト教徒であることが平気で許されていましたし、肩身は狭かったでしょうが、イスタンブールにもキリスト教教会は活動していました。

詳細はわかりませんが、タリバン崩壊以後の憲法でそうなっているという事は、タリバン時代のほうが寛容だったという事でしょうか。それとこれがキリスト教ではなく、ヒンドゥー教だとか仏教だったらどうかとも思ってしまいます。

おそらくこの事は日本人には永遠に理解できない宗教観だとは思います。

Posted by: Yosyan | March 25, 2006 03:57 PM

関係のないところにごめんなさい。結局弾さんにTBしてお願いしました。チェックしてくださっています。弾さんが優しい男だったと言いたくて、今途中ですが、ご報告。

Posted by: さなえ | March 25, 2006 05:49 PM

お言葉を返す様で申し訳ありませんが、兄弟宗教だから近親憎悪が強いとも言えます。ついでに言えばキリスト教が他宗教に常に寛容だったわけではありません。十字軍を持ち出すまでも無く、ユダヤ教への迫害はあまりにも有名です。魔女狩りを持ち出しても的外れではないと考えます。キリスト教もイスラム教同様に異教徒制服に熱心だったと言う事です。


強いて違いを言えば宗教の古び方の違いでしょう。イスラム教はまだ宗教的情熱が赤々と燃え盛っていますが、キリスト教はだいぶに醒めていると考えています。日本の浄土真宗だって若々しい頃は、信長と天下分け目の合戦を大阪で繰り広げるぐらい荒々しかったわけですから。

だから容認できるとはもちろん別問題ですが。

Posted by: Yosyan | March 25, 2006 06:10 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 改宗者を死刑するのは止めた方がいい:

« ギミー・シェルター(ストーンズ東京公演) | Main | 富裕層ビジネス@ストーンズライヴ »