« 今度は品位が問われる話し(放送と通信の融合) | Main | リアルなエクスペリエンスの価値をどうみるのか »

March 13, 2006

海外の展示会に行く必要なし?(メディアの未来像)

メディアパブさんをのぞいたらYOUTUBEをバイラルビデオエンジンとして取り込んで、「CeBIT ‘06」を紹介しているGIZMODというブログに行き当たりました、メディアパブさんがおっしゃるようにこういうYOUTUBEの使い方は相当にシュールです、こういうウェブキャスティングは会場の雰囲気がモロに伝わってきていいですね、基調講演がいながらにして観れこういうのが充実してくると、現場に行くのがベストとはいえ海外の展示会にワザワザ行く必要がなくなるのかもしれません

そして、このブロガーさんなり記者さんがCeBITに行くということがわかっていれば、事前に質問を出しておくことができます、そしてすべてではないにしてもある程度自分の疑問への回答を期待できます、このことは記者と読者という関係でもベストです、ブログの映像そのものは少々稚拙な感じがしますが、なんかジャーナリズムでのマッシュアップって感じで、ある意味未来の新聞とか業界紙の姿そのもののように思えます、で自前でビデオサーバーを準備することもなく、自社の映像CMもこんな感じで取り込める、うむ仕事にも使えそうだワイ、如何思われますか?

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
上記の記事↑はよく考えるとあんまり関係ないんだけど、ムロイさんが自宅を公開するちゅうもんだから、動画で公開したらと思いついウッカリTBをうっちまったよ<(__)>

室井さんへ、家の中の様子をビデオカメラで撮って公開したら?やり方はココログとテレビ局の人に訊けばワカルでしょ

> 女王様の全財産を持ち逃げしてやろうか
カンバヤシさんへ、全財産持ち逃げしたらわかっちまうからアカンけど、1/3くらいならチョロまかしてもワカラン鴨葱...前科2犯も1犯もカワランよ言ってみるテストw

《追記2》
早速湯川さんが日本技芸社長の御手洗さんの映像をYOUTUBEを使ってアップしていました、YOUTUBEでのアドレスはココで、湯川さんの記事はココです、湯川さんの記事の中では右下にYOUTUBEのロゴが付くんですなぁ(フムフム)、どうやって組み込むんでつか?

|

« 今度は品位が問われる話し(放送と通信の融合) | Main | リアルなエクスペリエンスの価値をどうみるのか »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海外の展示会に行く必要なし?(メディアの未来像):

» 右脳派・左脳派ディレクター [ハコフグマン]
 うちの会社の社員をみていると、右脳派、左脳派に色分けできるなということに気づい [Read More]

Tracked on March 14, 2006 08:46 AM

« 今度は品位が問われる話し(放送と通信の融合) | Main | リアルなエクスペリエンスの価値をどうみるのか »