« 総論賛成各論反対の典型(岩国基地問題) | Main | ホームタウンデシジョン負け(WBC米国戦) »

March 13, 2006

民主党遂に沈没か(前原さんが暴言?)

前原代表:“政令市県議は不要”発言が波紋、賛同の声もとのこと、あ~あ余計なことを言うやっちゃ、政令指定都市の権力って凄いからねぇ、事実とは思いますが時期が時期だけに慎重な物言いをせねばと思います、しかし民主党の新党首は誰になるのやら、菅さん小沢さんのお年寄りにはお引取りいただいて、岡田さんの世代が適当と思いますが、人材はいますかいな、河村さんでつか...ハァてなもんでゴザイマスぅ

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
コメントありがとうございます、おっしゃるとおりです、ま代表として信任が厚い人が言うならいいんですけどネ、少なくともメール問題以後にする発言ではないです

《追記2》
コメントありがとうございます、政権を狙う党首であれば、自分の発言の影響力をもっと慎重に計算すべきですとのこと、おっしゃるとおりです、何を勘違いしているんだか...言うなら、「京都市という政令指定都市の力が強くて京都府議会が困っている、それは神奈川県議会も一緒だ、この問題の解決策を考えねばならない」と発言すべきでした

マスコミから「具体的な案はあるのか」と突っ込まれたら、「私案はあるが今それを言うのは適切ではない」と答えるべきです、それをいきなりあの結論に持って行くからイケナイ、こういうことは巷間の憶測を呼んでいいんですよ、まずは観測気球を上げるべきでした、選挙での落選にまで繋がる発言と感じます

再コメントありがとうございます、まったくもっておっしゃるっとおりです、風林火山の格言にあるとおり、山は軽々しく動いてはイケナイのです、さて千葉七区の候補者はジャンヌ・ダルクだそうですが...う~ンどうなんでしょう、それより格差社会を是正する、教育の中味と安全と言ったきちんとした内政政策だと思うのですが...

|

« 総論賛成各論反対の典型(岩国基地問題) | Main | ホームタウンデシジョン負け(WBC米国戦) »

Comments

 前原さんも向こう見ずですなぁ。
 言ってることにある程度の理があるのはいいんですけど、「それ言ったらどうなるか」にはまったく意が及ばんのですなぁ。

 一時期の小泉さんみたいで面白いと言えば面白いんですけど、ああいう類の発言は小泉さん級に絶大な人気(当時)がないと言えないでしょ。

 そのへんの弁えがまったく無くて、あいつが言ったからじゃあ俺も、的な図々しさのほうが先に目に付く。

 言ってることに一定の理があるから、無下に切り捨てられない視点だから、余計に「言った奴の資質」が問われるんでしょうな。正論だけで世渡りできるなら、誰だってそうしてますっての。
 政治家って大変ですね。なんちて。南無~。

Posted by: 私 | March 14, 2006 04:49 AM

 私みたいに「何の立場も無い奴」が「立場の無さを逆手にとって」「言うだけ言う」「視点だけ提供する」ポジションで言うなら、ね。
 単なる見世物で済むんですけどね。
 そじゃない立場におられるって自己認識が欠如しまくりでしょう。>前原氏
「民主党遂に沈没か」じゃなくて「民主党沈没5秒前」のほうが、良かったんでないですか? なんちて。

Posted by: 私 | March 14, 2006 04:53 AM

政令市県議は不要はひとつの見識でしょうし、広い意味で賛成の方もいるでしょうが、当然のように猛反発する人間もたくさんいます。発言を支持する人と反発する人の差引勘定を、民主党のリーダーとして、政権奪取戦略として有効かの考察をどれだけしたかに疑問がつきます。

議員個人であれば選挙区で自分の信じるところを訴えて当選すればよいでしょうが、党のリーダーとなれば、民主党にどれほどの人間が支持してくれるかに細心の注意を払うべきです。政治家の信念は大事でしょうが、リーダーたるもの信念を言うだけで勝てるほど選挙は甘くないと考えます。

少なくとも前原代表の信念は、必ずしも国民の多くの支持をひきつけるものになっていません。結果として支持する人よりも、支持をやめる人のほうが多くなっています。

阿るばかりが良いとは必ずしも思いませんが、政権を狙う党首であれば、自分の発言の影響力をもっと慎重に計算すべきです。そういう点では小泉首相の方がはるかに綿密に計算して言動していますし、結果も出しています。

党首なんてやってみなければ資質は分からないかもしれませんが、民主党も苦しいときに大変な代表を抱え込んだものです。貧すれば鈍すなんでしょうか。

Posted by: Yosyan | March 14, 2006 12:36 PM

そうですよね。ある程度含みを持たせた発言にすべきでしたね。「私案がある」じゃ物足りないのなら、「私にも腹案があるが、党として、これからの新しい地方自治にあり方について早急に意見をとりまとめたい」ぐらいなら穏当だったと思います。

政令市県議不要論は代表が言うのじゃなくて、誰か他の議員に発言してもらい、それこそ観測気球として打ち上げ、世論の同意を得られそうに無かったら、個人の発言で尻尾きりをし、同意が得られそうになったら乗っかったら良かったと思います。

姑息な手のようですが、政治的にはきわめて基本的な手法です。代表が断言してしまうと論議の余地の無い決定となってしまいますし、決定を後で覆したら代表の権威失墜になってしまいます。

政権を狙う党首は選挙に勝てば首相なんです。もし首相がこんな軽々しい意見を個人的な信念でばら撒いたら、国政は大混乱になります。前原代表は青年将校の役割と司令官の役割の違いを御理解されていないようです。

Posted by: Yosyan | March 14, 2006 02:54 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 民主党遂に沈没か(前原さんが暴言?):

« 総論賛成各論反対の典型(岩国基地問題) | Main | ホームタウンデシジョン負け(WBC米国戦) »