« ギーグとスーツとエシュタブリメント | Main | 日本対ドミニカ戦を観たかった »

March 20, 2006

孫さんと宇野さんの記者会見をみて

孫さんと宇野さん(フジライブドア)の記者会見をみて思ったことは、今の若者は成長するための素材に恵まれているなあつうことです、一昔はこういう会見をきくためには記者ではない一般人はそれなりの地位まで上がっている必要があった、ていうか競合企業の人間は基本こういうモノから遮断されていましたな、この孫さんの会見を千本さんなどは恐らく苦々しい思いでリアルタイムできいているでしょう、宇野さんの会見は結構ありきたりだったけど、孫さんの会見はプレゼンから質疑応答まで凄かった、これから起業しようと若者は何回も繰り返しみるべきじゃないですか

TVBankの記者会見@2005.12.19by孫&井上(約58分)
プレンゼンはちゃんとみれたけど、デモときに孫さんの顔を延々と映していて、デモをやっているなつうのは音声でわかるだけ、デモそのものはじぇんじぇんみれなかった、何をやってるんじゃろ、3ヶ月経っているのにこの有様はどういうワケじゃい、このビデオを孫さんにみられたら怠慢だと怒られるぜよ

人気ランキングはどうなっているんだろう?

海外のゲイツさんジョブズさんに加えクリントンさんの講演がほぼリアルタイムでみれ、60万円の大枚さえ払えばウェルチさんが昨年行なった10時間のセミナーもみれて、そこでの議論に参加できるようです、実際は1万ドル(約120万円)だったそうですからチト高すぎって感じはしますがネ、でこんなサイトでは居ながらにしてYOUTUBEの動画で展示会の様子が掴めます、これはさらに進化するでしょう、そうなるとこれからはさらに情報を処理して自分のモノにしてゆく能力が問われますな、まああんまり楽はできないようでございまして…

《追記》
昨日のサンプロで誰かが孫さんの固定電話は失敗だったと言っていた、でも彼は固定電話の買収で何を期待していたかと言うと、全体が縮小していく固定電話のビジネスではなくて、JRグループが張り巡らしている光ファイバー網のインフラだと思うワケです、何をワケワカランこと言っているのだろうと感じました、如何ですか?で話しの中心が何故か1兆7500億円の孫さんじゃなくてその約1/200の宇野さんだった

宇野さんの焦眉はビジネスが軌道に乗るまで彼のカネが持つのかどうかつうことのようです、株主代表訴訟の鉾先はライブドア本体つうより、ホリエモンなどの旧経営陣ではないかと思う、そしてこの先財務の問題がクリアされればボクはライブドアの株価は上がると思います、600円はともかく300円に早晩行くんじゃないか、まあボクは今後の焦点は信頼のある課金インフラだと思っています、クレジットカードが重要なワケではないです、ボクもニフテー経由で払っているものが結構多いですから...

《追記2》
今(3月21日午前2時20分)ビル・ゲイツさんの講演を生放送しています、でも眠い^^ので寝ますw

|

« ギーグとスーツとエシュタブリメント | Main | 日本対ドミニカ戦を観たかった »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 孫さんと宇野さんの記者会見をみて:

» USEN・宇野康秀社長、楽天の社外取締役を辞任 [情報ブログ]
ライブドアの支援を決定した、USENの宇野社長が、楽天の社外取締役を辞任したそうです。 ライバルだからということなんでし... [Read More]

Tracked on March 21, 2006 10:44 AM

« ギーグとスーツとエシュタブリメント | Main | 日本対ドミニカ戦を観たかった »