« 東証はシステムをインド人に頼めってか... | Main | 市長以下トータルで給料を削減すべき »

February 07, 2006

戦後てめーらが何をやったのか胸に手を当てて考えろ

日朝国交正常化交渉、「過去の清算」めぐり物別れとのこと、朝鮮の方々は大好きです、なんの恨みもありません、朝鮮国民の皆様に対して日本という国がするべき清算はいくらでもしましょう、しかしそれより彼の国の支配者に言いたい、戦後てめーらがいったい何をやったのか胸に手を当ててヨ~ク考えろ、深セン観光なんて無駄なことはいい加減しろ、今は物静かにみえる民衆が怒りの声を挙げて、国家元首一族様がチャウシェスクの二の舞になる前に、ソロソロ北京でお過ごしいただくことを、お隣の人口13億の大国に真剣にご相談申し上げた方がいいと思うワ

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 東証はシステムをインド人に頼めってか... | Main | 市長以下トータルで給料を削減すべき »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 戦後てめーらが何をやったのか胸に手を当てて考えろ:

» 拉致問題解決への展望はあるのか [800字コラム【僕の伝言板 】]
日朝の政府間協議が再開された。拉致問題、核開発などの安全保障、そして「過去の精算」を含む国交正常化がテーマ。しかし日本側の最大関心事は拉致問題にある。「拉致問題の解決なくして正常化なし」との強い世論と政府の方針があるだけに、会議は冒頭から具体的進展を目指して要求が出されたと見られる。しかし、当然のごとく、北朝鮮側は「拉致は解決済み」と従来の主張を繰り返し、会議は約9時間にも及ぶ激しい応酬があったと伝えられる。 日本側は、拉致被害者について(1)安否不明の11人の再調査と生存者の早期帰国(2)真相究明... [Read More]

Tracked on February 07, 2006 08:20 AM

« 東証はシステムをインド人に頼めってか... | Main | 市長以下トータルで給料を削減すべき »