« 人の心の闇は深く... | Main | ようやく機能した久保と相手のミスを咎めた小笠原 »

February 18, 2006

質問の仕方と資料の出し方(堀江メール問題)

堀江さんが武部さんの二男に宛てたと言われる堀江メール問題について再度考えてみる、ボクは今回衆議院TVを一切観ていないので伝聞だけだが、民主党は質問の仕方と資料の出し方を誤ったような気がしてならない、問題のメールの真贋が民主党内でも不明であるなら、まず自民党に事前に質問状を出し、「堀江さんが武部さんの二男を通して選挙コンサルタントを雇ったという話しがあるが事実か?」と訊くべきである、その上で例のメールをネタに質問をすればよかったのではないか、その場合メールの真贋は問題にならない、事実を確かめるために国政調査をしたいと言えばいいだけである、自民党内に疑心暗鬼が生まれればさらに好都合である、如何だろうか?

《追記》
久しぶりに「ガセネタの流布には巨額賠償を!」という記事を書いた木村ゴーさんに反論する、政治家は公人であり過去に何人もの輩が薄汚いことをしてきた実績がある、汚名は武部さん自らが晴らさねばならない、今回の場合国政調査をさせればいいだけだ、木村さんのような経営者はともかく、政治家にはおっしゃることは当て嵌まらないと考える、こんな記事を書くようでは例の件疑いを持ちますぞ、貴方を信じているボクを裏切らないで欲しい

事実のような気がして参りました(堀江メール問題)
外国人投資家が危惧する堀江メール問題
自民党最後の切り札・世耕議員ようやく登場

TB先:「堀江メール」は本物かガセネタか。微妙な民主党

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
TBありがとうございます、但し今後同じ記事のTBを10発近く送ってくるようならスパムと看做します、1つ残してあとは全部削除しました、その点宜しくお願いします!

|

« 人の心の闇は深く... | Main | ようやく機能した久保と相手のミスを咎めた小笠原 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 質問の仕方と資料の出し方(堀江メール問題):

» 堀江さんと武部さんの次男のメール2 [滑稽本]
取り敢えず、「メールの真贋」はどーでも良いっす。 ついでに、「立証責任」もどーでも良いっす。 ハイ、ホントでも嘘でも誰が証明しようとしなかろうとどーでも良いんですね、この場合。 何故なら、今現時点で、民主党の敗北は決定したから。 たとえ、これから永田さん... [Read More]

Tracked on February 18, 2006 11:37 PM

» 民主党は簡単に騙される [政治家・兄やんの一言モノ申すブログ]
まず、メディアによる意図的な情報操作があるということを前提に話をします。 ライブドア問題からは離れておきたかったのですが、永田議員をはじめ、民主党がやらかしてしまったので書きたいと思います。 現時点で、明確なソースのないものを元にあれだけ強く出られる理由....... [Read More]

Tracked on February 19, 2006 03:40 AM

» 永田氏メール疑惑追求の目的は? [猫の徒然草]
堀江武部氏二男メール疑惑について、、 現在のところ、永田氏に分が悪いようです。 引用: 永田氏自身は、17日の予算委で、「当事者が事実無根と言っただけで、犯罪がなかったことを証明したことにはならない」と繰り返している。(読売新聞) そうですが、�... [Read More]

Tracked on February 19, 2006 08:29 AM

» 続編:永田議員と堀江被告の武部幹事長二男送金問題 [時評親爺]
昨日の記事で、私は永田議員の主張する疑惑の信憑性と説得性の欠如を指摘し、彼の主張(メールの内容・振込事実)の信憑性を裏付ける物証の提示を指摘した(=どちらかと言えば彼の主張に懐疑的だった)。今日の予算委員会、私は午後の自民党逢沢一郎氏を15分程度と、民主党の原口一博議員の15分程度を見ただけで、昨日に続いての永田議員の質疑?を見ることが出来なかったのは残念である。主要各紙では現段階(19:00前)では殆ど取り上げておらず判らない。どうにかyahooニュースの永田議員の質疑の一部であるJNN報道(動画... [Read More]

Tracked on February 19, 2006 09:46 AM

» ホリエモンメールはやはりガセ? [かきなぐりプレス]
民主党・永田議員が国会で追及したホリエモンメール問題。 遅ればせながらニュース番組が取り上げているのを観て、ガセ臭さを感じた。なんと言っても情報提供者が胡散臭い人物らしい。 マスコミ関係者の間ではこの情報提供者のことは有名。元新聞記者で今は議員秘書をしているらしい。 当然、このメールの件も知っていたようだが、人物評などから取り上げなかった。それに食いついたのが民主党だったわけだ。 ホリエモンを「わが息子」と持ち上げてホリエモンに異常なまでの肩入れをした武部幹事長。状況証拠的に... [Read More]

Tracked on February 19, 2006 11:59 AM

» [ひまネタ]「堀江メール」は本物かガセネタか。微妙な民主党 [ガ島通信]
ライブドアの堀江貴文前社長が自民党の武部勤幹事長の二男に3000万円の送金をするよう指示したメールがあるとか、ないとかで盛り上がっている国会ですが、さきほど、たまたま衆議院予算委員会での集中審議をテレビで見ていました。 質問するのは民主党の永田寿康議員(メールを最初に指摘した議員)。以下、一部抜粋します。 永田「ガセネタの根拠はどこにあるのですか」 小泉「武部幹事長から報告を聞いて事実無根だと。メールがどこから出たのか、どの口座振り込んだのか、人を傷つけよう、非難しようとするなら、事実に基づい... [Read More]

Tracked on February 19, 2006 12:15 PM

» 武部幹事長の記者会見を見て感じたことは、、、 [政治ニュース@若者のおたけび]
ブログ本格再開3月予定 二男への資金提供、武部幹事長が改めて否定 (読売新聞) - goo ニュース 球団騒動以降社会を色んな意味で騒がせてきたライブドア問題。ついにというかやっとというか政界にまで影響を及ぼしていた疑惑が表面化してきた。しかもその話題の中心は武部幹事長。この人も近所の叔父さんなら面白みがあるが、政治家である以上近所の叔父さん並みの面白さはいらない(少しだけならいいけど) 民主党の永田議員が予算委員会で出した『堀江社長が出したメール』に関して議論噴出している 民主... [Read More]

Tracked on February 19, 2006 09:53 PM

» <堀江メール>自民、民主の全面対決!! [田中良平のBlog]
ライブドア前社長の堀江さんが、自民党の武部勤幹事長の二男に 3000万円を送金するよう指示したとされる電子メールについて、 自民、民主両党の全面対決の様相を迎えています。 民主党は、「新証拠」を示す代わりに国政調査権の発動による 資料提出を求める方針です。... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 01:08 PM

» 堀江メールを検証してみる(までもないが) [nokko log]
何だか永田議員ってば、片山さつきにやりこめられてた映像が目に浮かぶのだが、今回の堀江メールはちょっと分が悪くなくないかいな。彼「ミスター懲罰」ってあだ名されてるようで、ちょっと勉強になりました。 んで、民主党が黒塗りで出してきた堀江被告のメールなのだが、 ========================================================================== X-Sender: ■... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 01:34 PM

» 堀江送金メールの真贋 元祖・流失メール暴露ジャーナリスト(笑)の検証 [=田中県政追撃コラム&取材メモ=]
こういう話題なら私の出番です。元祖・流失メール暴露ジャーナリスト(笑)としてひと言いわせてください。皆が言っているようなことをいってもしょうがないので、別角度からのざっくりした感想を書いてみたい。の種の話題はネットな人たちの絶好のオカズだ。あーだこうだと、...... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 04:34 PM

» 永田議員電子メール問題 [woody経済新聞]
 昨日、民主党の永田寿康議員が自民党にとてつもない爆弾を投げつけた。ライブドア前社長の堀江貴文被告が武部勤自民党幹事長の次男に選挙コンサルティング料を振り込むように指示したメールを、永田議員が衆議院予算委員会で公表した。これについて、小泉首相が「ガセネタだ」と言ったり、当人である武部幹事長が真っ向から否定するなど泥仕合の様相を呈してきた。大体自分自身は、野党が自民党の総選挙時にホリエモンを応援したことを批判している件については、多少おかしいと思っている。ホリエモンが粉飾決算をしていることを承知で応援... [Read More]

Tracked on February 23, 2006 01:43 PM

« 人の心の闇は深く... | Main | ようやく機能した久保と相手のミスを咎めた小笠原 »