« 米食肉業者のロビー活動の凄まじさ(米産牛肉問題) | Main | ホリエモン&マネックス・ショックが落ち着いて »

February 08, 2006

小泉内閣の新自由主義にある程度の歯止めをかけよ

格差社会論争:主要テーマに浮上 小泉首相、強気に転換とのこと、衆院TVで先程小泉首相と前原代表の論戦をみましたがなかなか面白いですネ、若干前原さんが共産党的ではありましたが、議論を仕掛けるにはこのくらい振らないと駄目なのでしょう、これで小泉内閣の新自由主義に一辺倒にある程度の歯止めがかかることを願います、ただ小泉さんが悪平等が蔓延ると言っていましたが、競争社会でなくなるのも反対です、何を持って適正かと言うのは易しくありませんが、正社員であれ非正社員であれ適正な給与が支払われ、日本の中産階級が昔のように分厚くなるのを期待します、中国、米国ほど酷くはありませんが、日本が既に非適正な格差社会であることは確かなのです

《追記》
下記は民主党衆議院議員細野豪志さんのブログに書いたボクのコメントです、ベネッセの進研ゼミは中学生なら1ヶ月6000円弱です、塾とか家庭教師は高いですが、貧乏人であってもそれなりに教育投資の方法はあるはずです

●教育はアイデア次第 (マルセル)
 2006-02-07 21:00:02
高校までは修学旅行費用も含めて公的教育の範囲内で皆が格差なく教育を受けられるように、補助を徹底すべきですね、そしてそのことが補助を受けていない子供にバレないように徹底すべきなんでしょう、今はネットで年間10万円程度の塾なんかのアイデアもあるようです、だいぶコストが下がってきたかと思います、ま貧乏な人はこれすらも払えないんでしょうが、昨年プラトンの立ち上げで鈴木参院議員とお話しさせていただきましたが、あとはやり方次第だと思います、頑張ってください

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 米食肉業者のロビー活動の凄まじさ(米産牛肉問題) | Main | ホリエモン&マネックス・ショックが落ち着いて »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小泉内閣の新自由主義にある程度の歯止めをかけよ:

» 少青中壮老、未来を望め [赤石青崩の七五調]
父の死と母の病に自らの高校断ちてバイトの女性 日に夜にめいめい働く父母を見て不条 [Read More]

Tracked on February 08, 2006 05:48 AM

» 「格差社会」-暴論かましてよかですか [21世紀生活研究所]
朝日新聞の2月6日付社説『格差社会 改革の中で考えよう』に次のようなくだりがあった。 「とはいえ、こうした人々(不況で低所得を強いられた人や無気力化した若者;筆者注)を支えるセーフティーネット(安全網)を整えるには財源の裏打ちが必要だ。... [Read More]

Tracked on February 08, 2006 11:32 AM

« 米食肉業者のロビー活動の凄まじさ(米産牛肉問題) | Main | ホリエモン&マネックス・ショックが落ち着いて »