« 実力の5位(これから寝ようとしていますが何かw) | Main | キングオブノルディック(荻原健司) »

February 12, 2006

白い恋人たち(13 Jours en France)とナターシャ

「白い恋人たち」というとボクは直ぐに札幌で売っているチョコレート菓子を思い浮かべますが、元々はクロード・ルルーシュ監督の「13 Jours en France」という、グルノーブル冬季オリンピックの記録映画の邦題です、ボクはこの映画の原題を「グルノーブルの13日間」と勘違いしていました

でも実際には「フランスの13日間」です、な~んだって感じです、オシャレなはず^^のフランス映画なのに何か妙に白けますよね、しかし邦題は「白い恋人たち」とそーとーお洒落です、今の洋画は原語そのままつうことが多いようです、そういえば「風と共に去りぬ(Gone With the Wind)」なんてかっこいいですよね、そう思いません?

人気ランキングはどうなっているんだろう?

しかし、このときオレはいくつだと思うのですが、テレビに噛り付いていた記憶はありません、同じ年にメキシコで行なわれた夏季オリンピックに出た、ソ連の体操選手ナタリア・クチンスカヤさんカワユイと騒いでいたとお袋に後できかされました、まこの年は1968年ですから、ブロガーはまだ生まれていない人の方が多いので、静か~に、静か~にしたいと思いますw

ナタリア・クチンスカヤさんの写真》
今年57歳のおばあちゃんだけど、このときは19歳...カワユイのう、トルストイの「戦争と平和」のヒロインの名前からナターシャと呼ばれていたそうです、シャラポワみたいとか言ってみるテストw

昭和24年生まれといいますから大西さんの奥様の世代ですな、しかし元ネタは朝日グラフかなんかのメキシコオリンピック特集でしょうが、こういう40年近く前の写真がネットにあることに妙に感動を覚えます

親父の話しだとこの頃までの女子体操選手の美しさは絶品だったとか、ローマオリンピックのときのラリサ・ラチニナがカワユイとかわけわからんこと言ってました、まぁ女子フィギュアスケートもそうですが、体操はモントリオール(1976年)のコマネチあたりからおかしく^^なるワケです

natalia_kuchinskaya_new

《追記》
コメントありがとうございます、さっき写真を探すときにググってみました、そんなことが書いてあり、娘さんの写真まで載ってました、そのコはなんかホントのアメリカ娘って感じに写ってました

《追記2》
コメントありがとうございます、クワンは数年前に代々木で生の演技を観ました、最後の最後に出てきたのですが、優美でたおやかないい演技でしたよ、サーシャ・コーエンなんかみてもツマランなというのが正直な印象です、スルツカヤとシーちゃん(荒川静香)の艶技^^に期待します

ま、オリンピックといってもまともに記憶があるのは1976年のモントリオールからで、80年モスクワ、84年ロスは冷戦最後のせめぎあいで両方とも吹っ飛び、ようやくまともになったのが88年ソウルかと思いきや、これも天皇陛下のご病気でてな感じですワ、92年バルセロナあたりからまともになりましたが、これも商業主義が色濃くなり...ト

|

« 実力の5位(これから寝ようとしていますが何かw) | Main | キングオブノルディック(荻原健司) »

Comments

クチンスカヤは1991年から94年まで、体操コーチで大阪府泉佐野市に滞在していました。ソ連崩壊で祖国に見切りをつけたらしい。今はアメリカ在住らしい。

Posted by: 佐藤秀 | February 12, 2006 10:30 PM

先週「フランシス・レイ」作品集CDを買ってしまいました。グルノーブル冬季オリンピックはライブでの記憶はありませんが、曲だけは印象にあり。
唯一楽しみにしていたミシェル・クワンが出場辞退となり残念。

Posted by: かえで | February 13, 2006 02:26 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白い恋人たち(13 Jours en France)とナターシャ:

» 就職活動の活発化【団塊世代 〜2007年問題と定年後を考える】 [団塊世代 〜2007年問題と定年後を考える]
定年退職者が続出する2007年を見越して、企業も優秀な人材の発掘に余念がないようです。 香川県内では2月に入り、2007年3月に卒業見込みの大学生や大学院生らを対象にした説明会などが開かれ、就職活動が活発化してきた。景気の回復傾向や、団塊世代の大量退職が....... [Read More]

Tracked on February 12, 2006 09:08 PM

» 原田のポカ:ルールは守るために作る [5号館のつぶやき]
 特に一所懸命に追いかけているわけではないのですが、やたらとオリンピックの中継番組が多く、裏番組に特におもしろいものがないとついついオリンピック放送が流れているわが家のテレビです。  昨夜は連休と言うこともあり夜更かししてしまい、見るともなく横目で女子モーグルの決勝まで見てしまいましたが、上村愛子さんの素晴らしいジャンプ(コークスクリュー)は見て良かったと思います。結果的に彼女は5位に終わってしまったのですが、空中演技よりもスピードが重視されていたせいなのか、本人を含めひいき目で見ていた人には... [Read More]

Tracked on February 12, 2006 11:16 PM

» パリの早朝を疾走する車に乗ってみる (cf.白い恋人達) [5号館のつぶやき]
 余丁町さんのところからの孫引きです。「久々に猛スピードに興奮! 子持ちししゃもさん、ありがとう」  まだ開けやらぬパリの街を疾走する車の運転席から見たムービー。音もスゴイです。  元記事は子持ちししゃもさんのブログ、「パリ市街を猛スピードで走るムービー」だそうです。  結構長いので余丁町さんがネタばらしをしていますので、ただ見たい方はまず子持ちししゃもさんのところからたどるか、直接元サイトのSpeeding in Parisに飛んでください。  映されているパリの街並みが美... [Read More]

Tracked on February 13, 2006 09:37 AM

« 実力の5位(これから寝ようとしていますが何かw) | Main | キングオブノルディック(荻原健司) »