« 勇み足の可能性も...(ニコンの銀塩撤退宣言) | Main | おめでたいニュースじゃないの(大友愛さん結婚・出産) »

January 14, 2006

論座が売れているが...

今家の近くに本屋を覗いてきたが、朝日新聞社発行の「論座」が売れているようだ、あと2冊しか残っていない...ボクも記事を書いたナベツネさんの対談効果だろう、一瞬買おうかなと思って他をパラパラとめくったけど、読むに堪えない論文ばかりなので止めた

人気ランキングはどうなっているんだろう?

正直この論文だけなら200円でも買うかもしれない、でも雑誌全体を780円も出して買おうという気にはならない、考えてみれば家にある論壇系月刊誌は、ホリモン騒動を総括した「文藝春秋」だけだ、早くネットから有料でも構わないので読めるようになって欲しい

ニフティとかソネットと契約すればいいし、ケータイ電話番号とパスワードの組合せでもできるハズ、また動画のCMをいくつかある中から選択して、30秒ないし1分みてから取り込めるようにしても面白い、各社考えていただきたいものである、論文とか対談の価値は失われないが、論壇系月刊誌が今の姿だけでいいとは思わない

|

« 勇み足の可能性も...(ニコンの銀塩撤退宣言) | Main | おめでたいニュースじゃないの(大友愛さん結婚・出産) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 論座が売れているが...:

» 総理新春記者会見, 靖国問題, 理解できないを連発 [流転: Return to Forever]
今朝小泉首相の新年の記者会見が行われました。 相変わらず内容は希薄でしたが,犬の出産は軽いので戌年にちなんでどんどん子供を出産して欲しいと言うのと,有事の時に助けてくれるのはアメリカだけと言ったのが記憶に残っています。 それとポスト小泉について聞かれた時に....... [Read More]

Tracked on January 14, 2006 08:25 PM

» 「ポスト小泉」をめぐる動き メディアも浮かれる駆け引きが活発化 [僕の伝言板]
まだ9ヶ月も先のことだと言うのに、年明けとともに、「ポスト小泉」をめぐる動きがにわかに慌ただしくなっている。火をつけているのはテレビだけではない。メディアの論調にも様々な「解説」が飛び交い、大本命とされる安倍晋三官房長官の「当確」がすんなり行とも限らないのが政治の世界。 折も折、朝日新聞社の[http://www.asahi.com/national/update/0104/TKY200601030247.html:title=月刊誌「論座」2月号]で読売新聞の渡辺恒雄主筆と朝日新聞の若宮啓文論説主... [Read More]

Tracked on January 15, 2006 08:38 AM

« 勇み足の可能性も...(ニコンの銀塩撤退宣言) | Main | おめでたいニュースじゃないの(大友愛さん結婚・出産) »