« 電子ペーパーの普及は意外に早いと思う | Main | 西遊記とバーミヤンの遺跡 »

January 12, 2006

イランのアサデガン油田問題

日本はイランと結構うまくやっているらしい、でもキリスト教国である欧米諸国にとってイランというイスラム教国摩訶不思議な存在のようだ、こんな状況だとイランが言う我々に核を捨てろと言うなら自分たちがまず見本を示せ、つまり欧米の核保有国は核を捨てろつうのはある意味正論なんだけど、我が日本にとっては迷惑この上ないですよね、何故かって?イラクとの国境付近にあるアサデガンという大油田の取り扱いが大きな外交問題になるからです

ここは世界でも有数の埋蔵量を誇っているときいています、でももし今イランの核問題が国連に付託されることになったら、日本はアメリカの手前動くことはできない、そうなると世界中で資源確保に積極的な中国が動いてくる可能性が高い、そういうことを踏まえアメリカの了解を取りながら、アサデガン油田を日本がコントロールするというわけにはいかないのでしょうか、絶妙な外交を期待したいのですがやはりムリポですか?

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 電子ペーパーの普及は意外に早いと思う | Main | 西遊記とバーミヤンの遺跡 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イランのアサデガン油田問題:

« 電子ペーパーの普及は意外に早いと思う | Main | 西遊記とバーミヤンの遺跡 »