« 消え行くSONY... | Main | 頭でっかちの馬鹿ども(京大アメフット部員) »

January 27, 2006

ハマスが政治の表舞台へ@パレスチナ

パレスチナ評議会選、ハマスが過半数の76議席獲得とのこと、ある意味予想通りです、これで残念ですがイスラエルもパレスチナもタカ派が支配することになります、これが人間のエゴというモノなんでしょう、ブッシュさんはハマスは「和平のパートナー」にはならずと言っているようだけど、現実的にはアッバスさんを通してでもハマスと協議をせざるを得ない

逆に考えればハマスがテロ中心の裏から政治の表舞台に出てきたのを、良い傾向だと解釈して進める必要がある、妥協点を見い出すことはともかく、少なくとも小康状態を保つ可能性が出てきたように感じる、どっちにしろイスラム教徒に対して米国流つうかキリスト教による民主化なんて無理筋、イラン問題もそうだけどイスラムの枠の中で考える必要がある

人気ランキングはどうなっているんだろう?

ゴルバチョフさんもニューズウィーク誌のインタビューに答えて、資本主義を押し付けるのは止めて欲しいと言っていた、彼の場合はイデオロギーだったけど、何にしても相手の文化に合わせないとうまくいかない、まぁこじれた和平はハト派同士が話し合ってもうまくいかないものだ、シャロンさんが現実路線転換したようなことをハマスにも望みたい

そのアメリカにしたって日本とは違い人口が増え続け近々3億人を突破するようだが、東部のWASPに代表される白人エシュタブリメントの人口は減り続けており、文化の中心は中南米スペイン語諸国からの移民で、人口を急増させているヒスパニックに移行しつつある、21世紀の公用語は英語ではなくスペイン語という話しもあながち笑い話しではない

《追記》
TBありがとうございます、長文なので後でゆっくり読みます

|

« 消え行くSONY... | Main | 頭でっかちの馬鹿ども(京大アメフット部員) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハマスが政治の表舞台へ@パレスチナ:

» 「有事のドル売り」なのか。 [Espresso Diary@信州松本]
「有事のドル買い」は、もう過去の話になったようです。イランをめぐる情勢が緊迫して、まず買われたのは原油。N.Yの市場では、69ドルまで上昇しました。原油価格は65ドルまで反落しましたが、次に資金はニッケル、銅などの別の資源へと流れ、ゴールドは562ドルまで値上がり....... [Read More]

Tracked on January 27, 2006 05:03 PM

» 中東 [共通テーマ]
紛争が続くイラン、イラク、パレスチナ、レバノン・・・ 中東の政治、経済、社会、文化について語ってください。 [Read More]

Tracked on January 27, 2006 09:37 PM

» パレスチナ、アラブ人、ハマス勝利。 [Taejunomics]
 日本の大阪にルーツを持つ、ナニワ民族がいるる。 ナニワ民族は現在、日本には住んでおらず、世界中に散り散りばらばらになっている。 世界中で差別を受けていたナニワ民族は、自 [Read More]

Tracked on February 03, 2006 11:14 AM

« 消え行くSONY... | Main | 頭でっかちの馬鹿ども(京大アメフット部員) »