« 映画が1人でつくれる(古川ブログ) | Main | 品川駅の流れが様変わり(東京タウンウォッチング) »

December 01, 2005

この頃よく観るものは衆議院TV(鈴木宗雄見参)

実はこの頃家でよく観るものは衆議院TVです、国会中継を平日の執務時間帯にNHKがやっていますが、当然こんなモノ観る時間なんてフツーありません罠、録画する気にもナラン、でもこの頃は衆議院TVネット中継してくれるので結構面白がって観てます、いわゆるひとつの酒の肴^^ですな、日曜日の午前中の番組^^よりディベートの勉強になるような気がしますワ

でさっき観たのがコレ、鈴木宗男議員:在モスクワ大使館の外務省裏金疑惑を追及です、話しが進んだのは麻生外相との後半部分だけ、まあそれも内容的に何も新しいことはない、で面白かったつうか雰囲気がわかったのは、前半の鈴木さんと原田さんという外務省欧州局長との下記の↓やりとりです

人気ランキングはどうなっているんだろう?

まず、鈴木さんが質問時間をわけてくれた民主党に礼を言うところから始まりました(質問時間15分)、フォー^^民主党と質問時間のバーターをしているわけか...次に実際の質問の前に外務省が鈴木さんの質問状に答えていないということで、質問時間外ということで委員長に確認をしてました

で実際の質疑が始まりました、鈴木さんはまず外務省の課長クラスを呼んでいるのに、与党(自民党と公明党)が出席を拒否しているため出れないつうことを委員長に確認した上で、こういう質疑に通常先頭になって応じるのは実働部隊の課長クラスなのにおかしいと指摘していました

さて、鈴木さんの質問が始まりましたが相手の原田欧州局長はまじめに答える気配なし、質問は「ルーブルを当時どちらで手に入れましたか」というヤツです、あまりにも欧州局長が答弁をちゃんとしないので途中で水が入り委員長席で関係者が協議をする有様(←コノ部分は音声が小さく聞こえない)でした

ま、こんな状況が延々10分くらい続き、その最後で記事にあるように外務省のルーブル裏金疑惑を指摘して麻生さんとの質疑に移って行きました、今日の衆議院TVは外務省という組織を守ろうとして自民党などの与党を盾にする欧州局長と、鈴木さんとの小競り合いを観させていただいた全23分の漫画でした

まこういう一見クダランヤリトリを観ると国会が何をやっているのか雰囲気がわかりますな、全部観るのは時間の無駄ですが、新聞記事などをみてこういう委員会をチェックするのは面白いです、やっぱりニュースで切り刻んだものをみても雰囲気すら掴めないというのがよくわかりました

|

« 映画が1人でつくれる(古川ブログ) | Main | 品川駅の流れが様変わり(東京タウンウォッチング) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この頃よく観るものは衆議院TV(鈴木宗雄見参):

» 四十九歳 [徒然エッセイ]
ご無沙汰しております。津々浦々です。 確かに、国会中継TVは、下手な討論番組よりオモシロイものがありますね。 記事を更新しましたので、宜しければ、お立ち寄りお願します。 [Read More]

Tracked on December 02, 2005 01:48 AM

» [UNIX]自由とハッカーについて [hirono_hideki 日暮途遠]
 どうやら掲示板のように最新の記事をページの上の方に表示することは出来ないようです。  ログを見ていますと、LinuxやFreeBSDのユーザの方がけっこう多いようです。これは昨夜、FreeBSDのDebianGNULinuxのメーリングリストにご紹介のメールを投稿したからです。  しかし、ご案内のメールやトラックバック、掲示板での投稿は幅広く行っています。  LinuxやFreeBSDの世界は、ハッカーの世界であり、共通しているのは自由という価値観と哲学です。その自由に対して、対立的立場の最たるも... [Read More]

Tracked on December 04, 2005 11:04 PM

« 映画が1人でつくれる(古川ブログ) | Main | 品川駅の流れが様変わり(東京タウンウォッチング) »