« 東京タウンウォッチング(本編) | Main | 電子マネーは1枚でいい(セブン&アイが独自?) »

December 03, 2005

白い巨塔は護送船団(医療制度改革)

小泉さんが医師会の反対を押し切り医療制度改革を行った、このことは以前の自民党と医師会の癒着を考えればできなかったことで、これはこれでいいことではあると思う、でもこのことはあくまで対症療法であり、抜本的改革ではないという意見が根強い、そう白い巨塔は古くからの護送船団であり、そこには今もメスが入っていないというのだ

日本の場合には医者つうか、大学教授などの世界もどうもそうらしいが、いまだに年功序列の風習が残っているらしい、論文とか難しい手術などで華々しい実績を残しても、それが即本人の待遇にはつながらないらしいのだ、もちろん給与も他の実績のない人とほとんど変わらない、そして一度教授みたいな地位に付くと余程の不祥事をしでかさない限り安泰らしいとかききました

知り合いの医者先生曰く、何をやっても評価されないから「まいっか」と思うのだそうだ、そう向上心がなくなると言っていた、また小児科などの3Kと言われる職場が最近の医大生には嫌がられ、患者さんが死ぬ、つまり医療過誤で訴追される心配がなく、且つ確実に稼げる皮膚科などに人気が集まっているときく、医者の世界も実績を上げた人がそれなりに評価されるようにならないと駄目のようですね

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 東京タウンウォッチング(本編) | Main | 電子マネーは1枚でいい(セブン&アイが独自?) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白い巨塔は護送船団(医療制度改革):

» ★ 新世紀の共産党宣言 (1)アントニオ・ネグリ&マイケル・... [書評日記  パペッティア通信]
左翼の間では、話題騒然になった、アントニオ・ネグリ&マイケル・ハート『<帝国>』(以文社、2003年)の刊行。今、その姿を世界にあらわしつつある、グローバル秩序。その担い手は、旧来の版図をもった帝国とも、植民地とともに形成された「帝国主義」の帝国とも違い、...... [Read More]

Tracked on December 03, 2005 10:12 PM

» 対案なき批判は雑音 本気で医療を考えているのか? [ニッポンのこれから]
批判のための批判でしかない…〜引用開始〜 医療改革 三つの心配に応えよ  医療制度を改革するための政府・与党の大綱がまとまった。  高齢化が進めば、医療費はふくらむ。しかし、だれもが必要なときに必要な医療を受けられる保険制度は守りたい。そのためには、医療のむだをなくすことが条件だが、国民一人ひとりの負担が増えることはやむをえまい。  だが、大綱には三つの心配がある。  その一つは、今回の負担増�... [Read More]

Tracked on December 04, 2005 12:43 AM

« 東京タウンウォッチング(本編) | Main | 電子マネーは1枚でいい(セブン&アイが独自?) »