« カリスマの後任はアメリカの竹中さん(FRB議長) | Main | 女帝容認はいいんだけど... »

October 25, 2005

何故日本でエコ技術が進展し米国で駄目なのか

何故日本でエコ技術、特に車のエコ技術が進展し米国で駄目なのか、これは一言で言える「日本はガソリンなどの燃料にかかる税が高い」からだ、米国に行ったときに日本ではみかけない大型のクルマがモクモクと煙を上げている姿に出くわしビックリした

その疑問はほどなくハワイでレンタカーを借り、返却の際のガソリン代を聞いたときに氷解した、アメリカはガソリン代が日本よりメチャクチャ安いのだ、だからアメリカはガソリンをじゃぶじゃぶ喰うクルマを走らせても平然としていたのだと

人気ランキングはどうなっているんだろう?

でも今はアメリカは原油高騰でガソリン代が高くなっている、でトヨタのハイブリッド車プリウスなどのエコカーが、シュワちゃんが優遇レーンを通ってもいいよ言っていることなどから売れ出し、ガソリンをじゃぶじゃぶ喰うクルマしかつくれないGMなどが危機に陥っているというワケだ、本当に単純な図式である

さて、佐藤さんが「In環境税Out道路特定財源」とおっしゃっている、ボクはこの意見に禿しく動意しる、環境税なんて言うのは環境省が言い出した省庁縦割り行政のモロ弊害で、厳しく税金を巻き上げられ上から下まで青息吐息となっている運送業界のことなど何も考えていない

環境省のお厄人の頭の中には、横断中の子供の列にトラック、ライトバンが突っ込むような事故を起こしている運送業界の劣悪な労働環境のことなど頭にないのだ、ここは佐藤さんが言うように政府、国土交通省、環境省が十分話し合い、道路特定財源の一部を環境税にシフトするようにすべきである、如何だろうか?

|

« カリスマの後任はアメリカの竹中さん(FRB議長) | Main | 女帝容認はいいんだけど... »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何故日本でエコ技術が進展し米国で駄目なのか:

» In環境税Out道路特定財源 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
環境税で3700億円の税収見込む・環境省が最終案 石油や石炭など化石燃料に含まれる炭素に対して一トン当たり2400円を課税し、年間3700億円の税収を見込む。ただ、原油高騰で小売価格が上昇しているガソリンや軽油、航空機向けジェット燃料は当分の間、課税対象から外すとし....... [Read More]

Tracked on October 25, 2005 04:57 PM

» トヨタ自動車世界No1に!! [早大生が解説する不確かな経済ニュース]
トヨタが世界生産台数1位になる見込みです。最終利益は1兆円超!生産台数も920万台!で堂々の世界自動車メーカー世界No1です。これまで1位であったGMは近年の経営不振で・・・ [Read More]

Tracked on October 26, 2005 02:27 PM

« カリスマの後任はアメリカの竹中さん(FRB議長) | Main | 女帝容認はいいんだけど... »