« 飴と鞭を使い分けろ(地球温暖化対策の環境税) | Main | 満州国設立に絡む同床異夢と従軍慰安婦問題 »

October 02, 2005

世界中のTVがいながらにして観れる時代

ハコフグさんがテレビが見放されるという記事を書かれました、テレビ局の年収1000万円以上の高給取りの裏側に、睡眠は2、3時間 給料手取り10万の薄給ADの存在があると書かれています

さて、コレってどうなんでしょう、ボクの感覚なんですがソノウチどんでん返しがあるんじゃないですか、TiVoのようなものが出てきています、TV広告の存在が難しくなるという話しになっていますが、使い方によっては放送局を取り巻く状況が今後5年で様変わりするんじゃないでしょうか?

人気ランキングはどうなっているんだろう?

スポーツ中継のようなライヴ性が重要視されるものを除けば、FTTHで一旦ホームサーバにダウンロードするか、契約しているサーバにストリーミングでコンテンツをとりにいく形がまず考えられます、ニュース番組はビミョーですが、映画、ドラマなんかはまさしくコレになるでしょう

でもどうなんでしょう、サーバには日本だけでなくいろんな国のコンテンツが納められています、そうなると今は極一部しか生で観れないNFL、サッカーなど各国のスポーツの試合とか、外国のアーティストの現地でのライヴ、各国のローカルニュースなどが、契約をしさえすれば日本でもそのまま観れるようになるんじゃないでしょうか

ハイ、技術的にはアメリカの3大ネットワーク、イギリス、フランスなど欧米のTV中継の他、世界各国のTV番組もそのうちほとんど数秒遅れで観れるようになるでしょう、こうなると世の中がガラッと変わる予感がします、これを観ることを規制するのはほぼできないんじゃないですか、どうでしょう?

こんな時代になると、高給に驕らず自腹を切って常にADたちとコミュニケーションをとっているような人は、不遇の時代が訪れてもADたちがサポートするから大丈夫ですが、TV局の虎の威を借り威張り散らしている連中はどうだろう、周りが相手をしないような気がするのですが...ハコフグさん甘いかなぁ

《追記》
ハコフグさんコメントありがとうございます、ボクはどれだけ優秀なディレクターとタレント(俳優、女優、歌手、脚本家、カメラマン、etc...あ、ADを忘れていた)を飼って^^いる(←ヒョウゲンガイクナイ)かがプロデューサーの勝負になるような気がします

|

« 飴と鞭を使い分けろ(地球温暖化対策の環境税) | Main | 満州国設立に絡む同床異夢と従軍慰安婦問題 »

Comments

そうですね。今でもプロダクションにコネクションがあるプロデューサーのほうが評価されますけど、これからはさらにそういう傾向が強くなるでしょうね。そうすると、今までのように奴隷を踏みつけにするような態度はとれなくなってくるのではないかと思うんですが…。甘いかなあ(笑)
こないだぼんやりNHKののど自慢を見ていたら、こういうテレビ向けの番組と、ビデオオンデマンドが棲み分けるようになるのだろうなと思いました。

Posted by: hakohugu | October 03, 2005 08:50 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界中のTVがいながらにして観れる時代:

» テレビが見放される [ハコフグマン]
 制作会社の悲惨な現状が東京新聞の記事に出ていたので、リンクしておこう。実際、華 [Read More]

Tracked on October 03, 2005 08:46 PM

» 新自由主義社会の縮図 [踊る新聞屋-。]
 「亡国のワイドショー~選挙取材の現場から①」で、選挙取材の合間に垣間見たテレビ局の下請けの実態について、こんなことを書いた。 彼らは、取材して編集してナレーシ [Read More]

Tracked on October 07, 2005 01:57 AM

« 飴と鞭を使い分けろ(地球温暖化対策の環境税) | Main | 満州国設立に絡む同床異夢と従軍慰安婦問題 »