« 米国の年次改革要望書(拒否できない日本) | Main | ヨーシ、若手の前原さんが勝った!(民主党代表選) »

September 17, 2005

財界に苦言(大企業は若者を大量に雇え)

拝啓 奥田碩様、北城恪太郎様

大企業は若者を大量に雇え!

社会に役立つ人材を育てろ!

総選挙で小泉さんが大勝しました、で財界にお願いしたいことがあります、それは若者を大量に雇って欲しいということです、銀行は低金利で不良債権をほぼ消し、企業は法人税の減免、人員削減の実施で息を吹き返しました、それも国民が痛みに耐えているお蔭です

銀行と大企業は立ち直りました、ならこれからはしっかり国民に貢献していただきたいです、ニート、フリーターが激増し、若者の所得水準が極端に下がったため結婚したくてもできない、これが少子化の明らかな原因ではないでしょうか、まず若者をそれなりの給与でどんどん雇ってください、安月給は駄目です

託児所がないから子供を産めない、女性が強くなったから子供を産まないというのはウソだと思います、おカネがないから結婚できない、子供を産めないというのが本当の実態です、銀行と大企業は若者を雇い彼らのスキルをUPさせてください、貴方たちが彼らにビジネス教育をしない限り、日本社会は暗いままです、宜しくお願いします<(__)>

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
コメントありがとうございます、トヨタとIBMの話しはしてません、日経連と同友会の話しをしてます^^、中小企業に新人をビジネス教育する余裕はありません、それとお友達のお公家さんたちの話題はいいですよ、ここではあまり関係ないです、でも上が動けば下まで影響ありますのでTOP企業の動きは重要です

ハァ、古き良き時代に大企業に入って虫の良すぎる思い^^をした方からのコメントのようでした、マジな話し「安月給が嫌なら就職前にキャリアつけておいてもらわないと」なんて上の20%の人以外は無理でしょ、だから大企業に教育させようといているワケです

ボクはバブル期みたいに誰でも雇えとは言っていない、それなりに自己啓発している人くらいには窓を開けと言っているだけでね、あまりにも門が狭くないですか?おっしゃるようにキャリアをつけるのはなかなか難しいけど、自己啓発はできるからね

《追記2》
え~、横浜方面から
「お前は甘ちゃんだ」とお叱りを戴いているようです^^、さてここでボクの考えを整理します、バブル期みたいに猫でも杓子でも雇えなどとは言っていません、ただここ何年かの若者の就労状況をみていると、あまりにも門が狭いと思っています、共産党もココを突かないとネ

ま、TOP層はそれでも激しい関門を突き破って活躍していますからあまり心配はしていません、問題は中間層です、ここにいる人たちが職にあぶれ落ち込み、フリーターからニートになって行く姿はみるに耐えません、この何年かの中間層の人材損失はとても大きいと思います

やはり、大企業が率先して採用をして、就労を上から良くしていく必要があると思います、今はまだ中国企業がその中核となるハズの40代の人材を、文化大革命の影響でTOP人材も含めて農村に腐らせていますが、あと5年もすれば精鋭の改革開放世代が出て来てアジアを席捲します

ハイ、中国と違ってTOPの人材を腐らせるまでには至ってませんが、彼らをサポートすべき人材をこの何年かで腐らしています、その悪影響が高年齢フリーター、そしてニートの増加ということで現実化しています、これを何とかする必要がありますが、これから世に出ようとする若者をそうさせてはいけません、そのように思います

そして、コーヒー屋さんが書いたこの記事を読むと、年金は極論すれば財産を持っている人には払うな、持っていないと証明できた人だけに払えつうことになりますかな、財産だけで暮らせる年金を納めなかった人に、我々が年金を払ってあげているつう事実がありますから...、ハイ年金を納め始めたのは角栄さんの時代からのようです(←ホント?)

ま、ボクは日本に外国人を入れるのには反対です、今これだけ世の中が悪くなってきています、在日朝鮮の人とさえまともに一緒に暮らせないで、何で他の外国の方と一緒に暮らせるのですか?やはり日本は日本人自身が自分の面倒をみれてはじめて外の方とお付き合いできます、3Kを外国人に押し付けるといずれニューオリンズの悲劇が日本でも起こります

《追記3》
コメントありがとうございます、「車椅子なんですがだけでガチャンだったけどね」とのこと、大企業には確か従業員の2%とかいう枠があり、お上が義務付けるから仕方なく障害者を雇うトコが多いです、ペナルティでカネを払えば逃げれるのでその方がいいとのたまうふざけた輩もいます、通った会社もたまたまそういう枠が余っただけなのかもしれません

でも、ボクが言っているのはそんな特殊な事情ではありません、今の一般的な状況がどうなっているかです、最近社会人になった息子さんがいる知人から、今の就労状況は本当に厳しい、ウチの息子は何とかスタートできたけど、できなかった息子の友人がたくさんいたとききました

そりゃ、ちょっと特殊な会社じゃないですか?大企業はまだそれなりの教育をする余裕があると思いますよ

ハイ、喜んで使わさせていただきます<(__)>、そんな卑下されるものじゃないですよ^^

《追記4》
コメントありがとうございます、またご難問を...^^、ちょっと片付けなければいけないことがあるので後でまた...

さて、おしゃってることは事実ですね、でも無駄だと思っても底上げしておかないと駄目でしょう、上で横浜方面の方がおっしゃっているように基本自己啓発です、でも職、つまりは生きるためのカネをそのとばくちで誰かが与えてやらなアカン、それができるのは大企業とお上しかいないでしょう、そう思います

《追記5》
コメントありがとうございます、「自己啓発は必要」は当然のご意見です、「OJTは古い発想」とのこと、ではココを読んでください、OJTか否かはともかく、個々のビジネスと対峙しない限り社会人としての成長はないと思います、もちろん「大企業ほど女性を雇え!」も間違いではありません

では「若者を高い給料で雇用したからと言って、少子化が改善されるとは思えません」の理由は何ですか?ボクは少子化が結婚する男女が少なくなっていることに起因しており、結婚しないのは若者、特に男性の経済状態が悪いことが原因ではないかと疑っています

|

« 米国の年次改革要望書(拒否できない日本) | Main | ヨーシ、若手の前原さんが勝った!(民主党代表選) »

Comments

上昇傾向のトヨタと、日系のSI会社にシェアをとられて下降傾向で必死に頑張る日本IBMを一緒にしないでくださいね。

学生の就職したい企業ランキングにもトヨタは常に上位入り、日本IBMはここ数年ランキング圏外。
(まあ社員数でちょうど約10倍の開きがあるから雇用余力も違うしね)
最近の若者は頭がいいから、業績予想とか常にウォッチしているし。
日本では大企業は一人雇うのに給料の3~4倍の人件費がかかるから(日本能率協会の経営セミナーで習った。設備、年金、団体生命保険などの福利厚生とオフィスの光熱費が日本は高い)、若者は中小企業の方が有利。っつーか若者は日本IBMの内定を蹴るなと言いたい。10月採用の求人が毎年うちに来るけど、ハマから幕張には通えないよ。

大学の友人が7人Iに入って、社内結婚したのもいるけど、6歳まで育児在宅勤務が認められてオフィス勤務と同じ給料が出るんだから、いい会社だと思いますよ。外資系で住宅手当ある会社は今はレアもの。ちなみに奴(女)は出産→育児休職2年で2人目出産→今度は旦那が育児休職2年で上の子4歳まで育休とれたよ。ネタじゃない実話。

Posted by: にょろろん | September 17, 2005 03:43 PM

まあ、上記2社を抜きにしてもこの記事は異論。虫が良すぎる。

最近の若者(22~24)ってくちばっかりで使えないのもの多いよ。TOEIC600点ってプロフィールに書いてくる奴に、じゃアメリカに電話してっていうと(わざとホテルやエアラインのコールセンター教える)、20歳過ぎているのに国番号の1を押すのに手が震えている奴ザラだよ。

安月給が嫌なら就職前にキャリアつけておいてもらわないと、経営者は「こいついらない」になるのは当然。ホリエモンにでも雇ってもらえば。

Posted by: にょろろん | September 17, 2005 03:58 PM

まあ、これ以上は議論しないけど、「キャリアアップする努力を怠って金だけたっぷりくれ」ってのは、中国や韓国が言っていることにそっくり。
今は自己啓発コストはアマゾンとかブックオフ、ブロードバンド通信の台頭で遙かに安いよ。

大企業の玄関前でデモすればいいんじゃない。

Posted by: にょろろん | September 17, 2005 04:13 PM

うーん、泥沼になるのはよくないから「狭くないですか?」と質問されたところだけ、あくまでも自分の経験。

私の時はリクナビなんて便利なシステムはなかったから(ネットの商用利用制限があって、会社案内のサイトは作ってもメールで注文をとるなという旧通産省が規制かけてた時代)、アナログな就職活動でしたし、
有名な学校でもなかったので、3年になったら

会社案内請求葉書300通だして、会社案内が段ボール5箱くらいになって、
その案内見て電話200回かけて(まあそのうち8割は「車椅子なんですが」だけでガチャンだったけどね)、
それで通ったところを10社以上訪問して、
5社筆記→3社面接→最初に通知来た1社で決めました。
その間に5つ資格とって門戸をこじ開けようとしたし。ロンドンやシアトルの企業でも活動したし。
(現地のローカル紙に載ったときは恥ずかしかった)

これで駄目だったら大企業は門戸がせますぎるって騒ぐかも。だから私の方が基準が厳しいのかもね。

Posted by: にょろろん | September 17, 2005 09:13 PM

しつこくてごめんなさい、これで終わりにします。

その一社(外資系メーカー、NY上場の日本法人)、も本国も日本もバブル崩壊後で、研修は最初の一週間、電話の取り方とかビジネスマナーの基本だけ、後は配属先の先輩に「新人教育係」がいて彼に絶対服従。だからいい師匠(今はメンターとかいう横文字)に当たるかどうかで出世が左右される会社でした。

月~金は仕事も結構あって(最初に与えられたのが部署全員のフロッピーのラベル貼り)、金曜に宿題を出されて(本は会社が貸してくれる)、月曜に忘れる、あるいは手を抜いたことを見透かされると「昼休みなし!電話の留守番!」って言うまさに今放送中の「女王の教師」状態。

10年ちょい前でこれだから、大企業で潤沢に教育つけて食える会社って「教育の松下」くらいかなあ。まあ、私の偏向な経験談よりOB、OGに聞いた方が早いですよ。

ちなみに横浜市役所は、2次面接で落ちた。

Posted by: にょろろん | September 17, 2005 09:45 PM

その、「余った枠に仕方なく雇用して、変な教育された人」が国際特許取得した部分があなたのPCにたぶん入っていると思います。

以上!!!

Posted by: にょろろん | September 17, 2005 10:48 PM

面白いblogに出会った気がします。
立ち寄りがてらコメントさせてください。。。


>貴方たちが彼らにビジネス教育をしない限り、
>日本社会は暗いままです

この点、SI業界などを念頭に、何度かディスカッションを開く機会を得たのですが、

それらを通じて、大体出てきた結論は

・”つかえる”人/”つかえない”人は、企業でOJTをする以前に決まってしまっている。。。
・高等教育は、その両者のギャップを埋める役割を殆ど果たしていない。。。

ということでした。


まぁ、高等教育で教える側に携わっている人は、そういった企業の実務的なことに携わるのが”いや”で、そっちに行ってしまってるというケースが少なくないでしょうから、
確かにそのギャップを埋める役割を期待するのは、現状いますぐは困難と見たほうがいいのかもしれません。

しかしそれを差し引いても、
教わる側も、人のいうことを理解しようとする/しない、吟味する/しない というあたりで、もうちょっと気合をいれて頑張れる余地があるかもしれないとも思います。。。
(人との意見の差異を、人とぶつかり合うことで埋める、ということを避けている人が、相変わらず少なくない(壮年層でも少なくないですが、若年層でも変わらず少なくない・・・)ということも1つその要因としてあるのかもしれません・・・)


ぜひいずれかの続編で、大学教育・高校教育・・・と、より源流に上っていったあたりについてのエントリーを拝見できるとよいなぁ、と思います。

Posted by: Chuck_UGOne | September 18, 2005 01:12 PM

拝読いたしましたが、一言述べさせていただきます。
「大企業ほど女性を雇え!」

なぜ、若者という言葉で代弁されるのか理解に苦しみます。新卒者の教育をすべてOJTで補うというのは、古い発想だと思います。自己啓発は必要です。

若者を高い給料で雇用したからと言って、少子化が改善されるとは思えません。大企業こそ、女性を雇用し、託児所完備の職場を提供すべきです。
若者雇用よりも、障害者雇用よりも、企業が実現できない難問だと思いますよ。

Posted by: poppoison | September 21, 2005 04:46 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 財界に苦言(大企業は若者を大量に雇え):

» 富が偏る時代に、どう生きれば良いのか? [Espresso Diary@信州松本]
日経平均は、13,000円を意識してますね。出来高は20〜30億株とデフレの頃の10倍で、市場のエネルギーも強い。このまま資産インフレが強まれば、賃金だけではなく資産の差が大きく意識される時代になるでしょう。では、どういう人たちが資産を増やすのか?... [Read More]

Tracked on September 17, 2005 04:48 PM

» 改革:選挙後にすること [ヤースのへんしん]
今、「何故、自民党が圧勝したか?」を分析しなければいけないのは民主党であって、メディアや有権者、国民では無いと思います。 国民がすべきことは、「これから国(自民党)に何を前向きに改善して欲しいか」を真... [Read More]

Tracked on September 17, 2005 05:27 PM

» インテリやセレブを自称する人に騙されないように [横浜よろず研究所]
ブランクが空いてしまいました。実は、先週当研究所の稼ぎ頭である育児研究部門全員に伊豆下田温泉旅行を招待したときに、調子に乗った私が車椅子ごと転倒して足を怪我して [Read More]

Tracked on September 17, 2005 06:31 PM

» お笑いブームとフリーター [花崗岩のつぶやき]
昨年の忘年会の出し物で「ヒロシです…」や,「残念!」というネタが全然笑えなかった.正月の番組でようやくネタと本人が一致するようになりましたが,相変わらずお笑い系のバラエティーは多いですね.見ると一応司会はクリーム・シチューとか爆笑問題ですが,基本的にはお... [Read More]

Tracked on September 17, 2005 07:12 PM

« 米国の年次改革要望書(拒否できない日本) | Main | ヨーシ、若手の前原さんが勝った!(民主党代表選) »