« 公務員人件費削減の数値目標 | Main | 太平洋戦争後のアジア独立の動きについて一言 »

September 22, 2005

対立軸(自民党対民主党、新自由主義は危険だ)

自民党の新自由主義は危険だ

よくマスコミは対立軸がないとおっしゃるが、それは議論が高度になりとても見難くなっているだけに過ぎないと思う、このことをわからないお馬鹿な記者諸君にはそれを説明するのはムリポwだとは思うが...<(__)>、自民党の財界の立場に立った新自由主義に対して、民主党が庶民の立場に立った第三の道を示せれば対立軸は十分過ぎると思う

私の信頼する記者、元記者^^の方数人にTBを打って、ご意見をお訊きして見ます<(__)>

公務員人件費削減の数値目標
「女王の教室」が問いかけていること(Espresso Diary)
 こういうのを読むとオレは甘いのかなと思います
『女王の教室』人気の背景 -「いいかげん目覚めなさい」
女王の教室と郵政民営化の隠された関係

何か「女王の教室」の話しになってまいりました^^、あと15分で今度は「電車男」が始まりま~ス、美咲た~んダイちゅき^^

《追記》
コメントありがとうございます、「第三の道の議論は、その次の段階のような気がする」で間に合えば幸せなのですが...でもこういう番組が作られたというのは、日本も捨てたもんじゃないですね、さすがホリエモンに対する危機管理がしっかりし始めたのかな

人気ランキングはどうなっているんだろう?

中川秀直さんがご自分のサイトで構造改革路線をしっかり軌道に乗せるとおっしゃっている、期待するしか手がないのがビミョーにもの哀しい、改革はいいが小泉さんの「新自由主義」にはどうも賛成できない、米国の破綻をみても弱者への適切な配慮は必須だ、前原さんがどう対案を出すのかそこにかかっている

新自由主義の後でないと第三の道が実現できないとのたまうアフォもいるがそれは間違いだ、英国の保守党・サッチャー→労働党・ブレアへの移行の歴史を注意深く検証して行けば、そこに必ず答えのヒントがある、とにかく小泉さんのような米国かぶれは止めて欲しいと願います、新自由主義では国が、庶民が持ちません

《追記2》
中川秀直さんが誘ってますなぁ^^、前原さんの「郵貯・簡保の廃止論」について本当にいいのとまず釘を刺し、「過ちを認めて、君子豹変し、大胆に郵政民営化賛成に路線転換すべきである」と言っておる...でもこのサイト面白いでつ^^

《追記3》
Speak Easyさん「世に倦む日日」を読みました、ボクは脱帽せんなぁ、確かに前原さんの考えが世に倦む日日さんのおっしゃるとおりならマズイ、でもボクはそうじゃないと思っています、ま、それだけ対立軸を説明するのがやさしくないつうことです、でもお馬鹿な日経の田勢弘康さんあたりがテレ東のWBSあたりでまた掻き回すんでしょうね

《追記4》
コメントありがとうございます、「現状はそこまで鮮明になっていないと受け止めておりますが…」とのこと、おっしゃる通りです、鮮明になっていれば民主党のあそこまでの惨敗はなかったと思います

ボクは自民党の新自由主義は危険だと感じています、弱者切捨てと思えるからです、なので民主党に弱者を切り捨てることなく改革を進める、対立軸となる第三の道を示していただきたいと思っています

《追記5》
コメントありがとうございます、こちらこそ宜しくお願いします

|

« 公務員人件費削減の数値目標 | Main | 太平洋戦争後のアジア独立の動きについて一言 »

Comments

初めてまして。
21日の日経「大機小機」も「ここに前原民主党のチャンスが出てくる。まずは改革・自由志向のリベラルからリバタリアンを貫くことで、逆転の機会は訪れるはずだ。「第三の道」の議論は、その次の段階のような気がする。」と書いてましたね。

Posted by: tsujita | September 22, 2005 09:42 PM

TBありがとうございます。
ご質問の趣旨ですが、対立軸がないことか、自民党の新自由主義が危険なのかどうか、民主党が第三の道を示さないことなのか、ちょっと掴みかねました。個人的には、ご指摘のような対立軸になるのが分かりやすいと思います。現状はそこまで鮮明になっていないと受け止めておりますが…

Posted by: 本石町日記 | September 26, 2005 06:05 PM

TB返しありがとうございました。これからもよろしくお願いします。「世に倦む日日」さんみたいに新自由主義をマクロに批判するのも重要なのですが、私の場合は、それがどのような形で日常的な部分に現れ、私たちの生活の細部をコントロールしているのかを読み解くことを主としてテーマにしています。

Posted by: easytrader | October 14, 2005 10:11 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 対立軸(自民党対民主党、新自由主義は危険だ):

» 高齢者に優し過ぎた日本の現状を憂うPaet1 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
毎年 秋になると このニュースが流れます。 『社会保障給付、最高の84兆円・2003年度、高齢者向け7割超す』    厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は21日、2003年度に支払わ    れた年金や医療、介護などの社会保障給付費が過去最高の84兆2668億円    に上ったと発表した。・・・・・・・・    高齢者関係の給付費は前年度比1.5%増の59兆3178億円。    一方、児童手当など子ども・家庭関係の給付費は3兆1626億円で、全体の    3.8%にとどまった。・・・・・・・・... [Read More]

Tracked on September 22, 2005 09:10 PM

» 高齢者に優し過ぎた日本の現状を憂うPaet2 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
高齢者は 自分たちが預けたお金の使い道については まるっきり無関心のまま 自分たちが貯めたお金を郵貯や銀行に預けて 財を成した。銀行に預けたお金は 15年前のバブルで不動産投資へと向かい 不良債権の山になってしまった。郵貯・簡保のお金も 財投機関によってほとんど不良債権化している。 年金制度も もはや800兆円の積み立て不足となっている。 高齢者も 野生の感で 国がもはや『打ち出の小槌』ではなくなりつつあるのは 気が付き始めている。 なお 年金の積立金不足(年金不良債権)についての試算は 試算の方... [Read More]

Tracked on September 22, 2005 09:11 PM

» 『女王の教室』人気の背景 -「いいかげん目覚めなさい」 [Think difficult! ::物事をあえてこむずかしく考えてみるブログ]
 日本テレビの人気ドラマ『女王の教室』が終わりました。最終回の視聴率はなんと25.3%(瞬間最高では31.2%!)に達したそうです。また、「女王」の陰に隠れた格好になってしまいましたが、同じ教師モノの...... [Read More]

Tracked on September 22, 2005 09:29 PM

» 「女王の教室」が問いかけていること。 [Espresso Diary@信州松本]
さすがにカトラーさんは、気づき始めてますね。『女王の教室』も『ドラゴン桜』も、ありがちなヒューマニズムに対する異論を描いたドラマです。自分は何をしたいのか?競争社会の中で、いかに生き延びていったらよいのか?そこを多くの人々が考え、そして実践しなくてはなら....... [Read More]

Tracked on September 22, 2005 10:00 PM

» 42億円引き大バーゲン中 [温泉 コンパニオンの☆裏ネタ全開☆]
ここは郵政飛脚のスタート地点0ゾーンです ? 大分県の持ち物で 又も 大きな無駄ずかいを政治家先生達にされてしまった。。 42億円引き大バーゲンだ、誰か 問題にしてよ。 だから、脳タリンの政治家は嫌いなんだ、私の治めた税金返して欲しい。 そんなに安いなら 私が買... [Read More]

Tracked on September 23, 2005 09:57 AM

» 元気があれば何でもできる(憲法58条2項) [おれ雑exclusive]
自民党、公明党が衆議院の議席3分の2を支配した今、日本国憲法第58条2項を、目をひん剥いて見てみてください。 日本国で独裁が可能になる裏ワザです。 これを使えば、改憲の前に、いくらでも暴走可能です。 ... [Read More]

Tracked on September 23, 2005 12:36 PM

» またまたヤヴァイげな法案が:国民投票法 [猫手企画@新聞屋]
先の選挙でお祭り騒ぎで浮かれて投票した若者さんたち、ほっておくと物も言われんごとなりますよー。 Excite <国民投票法案>報道規制などで対立 与党と民主、溝深くのとおり、報道、運動の規制を盛り込んだ国民投票法案素案を出している与党。衆院では2/3でオッケーですので、最悪ブッチする可能性も。参院では安定多数ではないにせよ、今風に乗って見えるのは明らかに与党側。このままならヤヴァイ憲法改正案が提案されても、個人はブログにも書けないし、報道も文句垂れる訳にも逝かないし、最悪論説委員がパクられるわ... [Read More]

Tracked on September 24, 2005 12:36 PM

» スーパードライ宰相と発泡酒代表 [花崗岩のつぶやき]
アサヒのスーパードライは1987年,アサヒビールが当時のトップだったキリンビールのシェアを奪うべく開発,投入したビールです.酵母を改良し,アルコール濃度を高めにし,糖度を抑えて暑い夏の日本の風土に合った製品にしました.ビールの持つ苦味やコクを捨て,まるで炭酸....... [Read More]

Tracked on September 27, 2005 03:30 PM

» 今回の選挙結果は満足? [VERSUS]
満足している派! 予想以上の自民の圧勝にはさすがに驚きましたが、最初から 自民... [Read More]

Tracked on September 28, 2005 02:48 PM

» 今回の選挙結果は満足? [VERSUS]
満足している派! 予想以上の自民の圧勝にはさすがに驚きましたが、最初から 自民... [Read More]

Tracked on September 28, 2005 05:32 PM

» 【緊急】 小泉ファッショ政権の暗黒立法,『国民投票法』が上程されようとしている 【シバレイのbl... [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
シバレイのblog 新イラク取材日記 転載: http://reishiva.exblog.jp/3509092/ 警告!独裁国家並みの改憲ファシズムがやって来る!!  衆院議席の3分の2以上、つまり野党や参院を無力化し、どんな法案でも通すことが出来る力を与党が得たことについては、小泉支持層すら「勝ちすぎ」との不安を抱いたようだが(関連情報)、その不安は正に現実のものとなったようだ。 *国民投票法案提出で一致 与党幹事長、特別国会へ  この国民投票法案とは、憲法改正(改悪)のた... [Read More]

Tracked on September 28, 2005 07:10 PM

» イギリス・オーストラリア軍のサマワ撤退が確定した.イラク派遣自衛隊は丸腰で取り残されることになる. [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
英豪軍のサマワ撤退が確定した.自衛隊がサマワに残ることはすでに(日米の間で)確定していると推定される.その結果――自衛隊はついに1950年にGHQの指令によって警察予備隊として創設されて以来始めての「実戦」に巻き込まれることになるのである. 2転・3転していた英豪軍のサマワ撤退がいよいよ確定したようだ.日米英豪の4ヶ国が29日からロンドンで英豪軍のサマワ撤退後の体制について協議することになった.撤退は来年5月と見られているが,いよいよイラク派遣自衛隊が丸腰でサマワに取り残されることになる.(実... [Read More]

Tracked on September 30, 2005 03:44 AM

» 共謀罪とは何か=何も罪を犯していない人を立証不能な架空の罪状によって処罰することができる超法規的法令 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
共謀罪とは何か?それは,未だ何の罪を犯してもいない人間を,仮想的な事前の計画ないし陰謀に基づく立証不能な架空の罪状によって処罰することができるという超法規的法令である.その「罪状」は単にその仮想的な計画を模擬(シミュレーション)することによってしか検証(トレース)することができないという意味で,ニ重にも三重にも架空のもの(フィクション)でしかない.通常の刑事裁判では最初に「罪状認否」が行われる.しかし,仮にある人がある「謀議」に加わっていたとしても,何の実行行為も伴わない罪状を認否することは本人にす... [Read More]

Tracked on October 03, 2005 09:28 AM

» チープ&シックなフランス女性 [CYBER FRENCH CAFE]
なぜ「チープ&シック」な価値観が今、評価され始めているのか?なぜなら「チープ&シック」はネオリベラリズムの時代に都合のいい価値観だからです。そうすると「チープ&シック」は若者に政治的な不満を抱かせないように、あらかじめ価値観を誘導する戦略なのではないかと思えてくるのです。 ... [Read More]

Tracked on October 14, 2005 12:39 AM

» やはり、小泉氏はヒトラーに成りたいのか? [徒然閑話]
首相、民主に大連立打診 前原代表は即座に拒否 小泉純一郎首相が今年9月下旬ごろ、自身に極めて近い人物を通じて自民、民主両党の「大連立」の可能性を民主党の前原誠司代表にひそかに打診していたことが7日、明らかになった。前原氏が即座に断ったため首相の大連立構想は「幻」に終わったが、衆院選で圧勝し、与党が衆院で3分の2を超える勢力を獲得したにもかかわらず、民主党に連立を持ち掛けた首相の「真意」をめぐって、与野党に大きな波紋を広げるのは必至だ。 ーーーーーーーーーー  やはり、小泉氏はヒトラーに... [Read More]

Tracked on December 08, 2005 03:29 PM

» 元気があれば何でもできる(憲法58条2項) [「おれ雑」exclusive]
自民党、公明党が衆議院の議席3分の2を支配した今、日本国憲法第58条2項を、目をひん剥いて見てみてください。 日本国で独裁が可能になる裏ワザです。 これを使えば、改憲の前に、いくらでも暴走可能です。 ... [Read More]

Tracked on December 09, 2005 05:57 AM

» 秘技伝授【独裁入門・57条・秘密会】 [「おれ雑」exclusive]
特別国会が始まりました。 結構ハイペースでことが進んでいきそうです。 先日の収録で、宮崎学さんが指摘されていた、日本国憲法57条の「秘密会」の規定についてもここにさらしておきます。 第57条1項  両... [Read More]

Tracked on December 09, 2005 05:59 AM

« 公務員人件費削減の数値目標 | Main | 太平洋戦争後のアジア独立の動きについて一言 »