« 日本政治の寄生虫と癌になっていないか(公明党と共産党) | Main | 財界に苦言(大企業は若者を大量に雇え) »

September 17, 2005

米国の年次改革要望書(拒否できない日本)

米国政府が毎年10月に日本政府に出している「年次改革要望書」なるものと、それを批判している『拒否できない日本』(関岡英之著、文春新書)という本が出ていることを知りました、アマゾンが取り扱いを拒否しているようですので、あとでブックオフにでも行ってみようかと思ってます

で、踊る新聞屋さんの「FlowMapからはてなまで、どんどん踊る新聞屋-。してくださいね」つう記事から、ネタ帳なるものをみるとナゼ読めない…「アマゾン」で1年超も品切れの本・米が日本に提出する「年次要望書」の存在を暴くというZAKZAKの記事に突き当たりました

人気ランキングはどうなっているんだろう?

尚、年次要望書の日本語訳は下記の通りです、米国大使館のページに堂々と掲載されております、竹中さんみたいに隠したりしません^^、さすがでございます

2004年度年次要望書
日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書

2003年度年次要望書
日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本政府への米国政府の年次改革要望書

《追記》
うっかりアマゾンへのリンクを張ってしまいました^^が、「出品者から通常2営業日以内に発送します」と出ます、アマゾンで買えるようです、ユーザーの力ですかネ、ま出品者からと書かれておりますが...

《追記2》
コメントありがとうございます、なんかアメリカの言うとおりにやっているような気がしないでもありません

《追記3》
コメントとTBありがとうございます、昨夜は重くてココログフリーの別館にアップしました、徳力さんがもしかしたらTBという機能がなくなるんじゃないかと言っていました、でも弾さんがアドセンスを解約されたのは不思議ですね、であの超訳は彼一流のシャレですが、他の訳はあっているのかな、それにしても踊る新聞屋さんへのTBはパーペキ拒否モード、これもTBスパムの影響なんでしょうね、コメントできるからいいのですが...

|

« 日本政治の寄生虫と癌になっていないか(公明党と共産党) | Main | 財界に苦言(大企業は若者を大量に雇え) »

Comments

きょう、新聞社の講演を聴きに行きこの「年次改革要望書」のことを知りました。本当にアメリカになってしまうのではないでしょうか??ぜひ読者にしてください。

Posted by: オリオリ | November 09, 2005 at 11:44 PM

すいません。今度はモリモリTBが行ってしまいました。誠に申し訳ないです。どうなってんだ、ココログ…

Posted by: 踊る新聞屋-。 | December 07, 2005 at 01:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/5984738

Listed below are links to weblogs that reference 米国の年次改革要望書(拒否できない日本):

» 属国化する日本:アマゾンで買えない本 [猫手企画@新聞屋]
ZAKZAKはサンスポ系ニュースポータルで、正直パチンココーナー以外はあまり読まないんですがw、ナゼ読めない…「アマゾン」で1年超も品切れの本 は出色。もとは中村正三郎氏がASAHIネットのjouwa/salonからホットコーナーに転載したものから(この時点でダメ?)のようで、アマゾンで関岡英之著「拒否できない日本」が1年以上品切れが続いており、 新品/ユーズド価格 : ¥1,850より(17日14:30現在)と定価(770円)の数倍の値がついています。版元の文藝春秋はアマゾンから注文が来ていないと... [Read More]

Tracked on September 17, 2005 at 07:39 PM

» 『拒否できない日本』(関岡英之著)が読めない! [ブログであそぼ。]
絶版本や希少本でもなく、 昨年4月に発売され、今年6月にも9刷となったロングセラーにもかかわらず、 そして版元も大手の『文藝春秋』だというのに、 日本最大の書籍販売サイト『アマゾン・ドット・コム』で、ある本の品切れ状態が続いているそうです。 ZAKZAK:ナゼ読めない…「アマゾン」で1年超も品切れの本 ↓この本です! 拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる文藝春秋このアイテムの詳細を見る 明日、神保町... [Read More]

Tracked on September 17, 2005 at 07:49 PM

» 不可解な「アマゾン・ドットコム」の対応 [HOME★9(ほめく)]
9月17日付のネット・ニュース“ZAKZAK”に、気になる記事が載っていました [Read More]

Tracked on September 18, 2005 at 06:41 AM

» 『拒否できない日本』の怪 [タカマサのきまぐれ時評]
■先日から、ヘンなことに、きづいていた。アクセス数が、不自然意に急増しているのである。■アクセスもとの URLをしらべると、文春新書の、うれすじである、関岡英之氏の『拒否できない日本』のことを しらべたらしい、検索エンジンのGoogleなどからのアクセス...... [Read More]

Tracked on September 18, 2005 at 12:59 PM

» 「拒否できない日本」 [三文文士の空回り]
このニュース を読んで、読むことにした。 アマゾンで買えないって話だが、僕は普通に渋谷の書店で購入できた。 本当に普通に売ってる本だ。 要するに、アメリカは周到な下準備と強烈なゴリ押しで自国の利益を追求するから気をつけろ!ということである。 アン... [Read More]

Tracked on September 19, 2005 at 11:16 PM

» googlezon、最良の、そして最悪の時代 [踊る新聞屋-。]
 ナゼ読めない…「アマゾン」で1年超も品切れの本  関連 EPIC2014:http://blog.digi-squad.com/archives/000726 [Read More]

Tracked on September 20, 2005 at 08:17 PM

» 郵政民営化法案成立 [野田寮雪板横乗部]
郵政民営化関連法案が14日の参院本会議で与党の賛成多数により可決、成立した。 4つの事業会社に分社化?郵便と貯金と保険は解るけど、あと一つの会社の存在意義が解らん。 新天下り高速道路株式会社みたいに国補償付借金担当会社かな?(笑) 話はそれるけど、あの道路公... [Read More]

Tracked on October 15, 2005 at 02:54 PM

» 『拒否できない日本』の根本は? [なんで屋-驀進劇-]
今日は、『拒否できない日本』『奪われる日本』の根本は?をやりたい。 ● ●間は、僕からのコメントです。 ■メディア操作:世論操作のめざましい成功 米国の学者ノーム・チョムスキー著から、以下『 』内引用です。 『民主主義には異なる役割を果たす二...... [Read More]

Tracked on December 03, 2005 at 06:45 PM

» 誰がためにAdSenceる?~googlezon、最良の、そして最悪の時代~ [踊る新聞屋-。]
 Google AdSenceは、決済リミットの100$に達しそうになると解約される!?   <グーグル、10の黄金水責め><搾取を容易にする環境を作り出せ。す [Read More]

Tracked on December 07, 2005 at 12:51 AM

« 日本政治の寄生虫と癌になっていないか(公明党と共産党) | Main | 財界に苦言(大企業は若者を大量に雇え) »