« 本番じゃないから(北朝鮮にノーゴール負け) | Main | 高いトコに住みたいですか?(超高層マンションと地震) »

August 01, 2005

東アジア外交を重視せよ(外側から固めよ)

日経の社説に日本のアジア外交を再構築せよ(8/1)とのこと、まさにその通りでしょうね、中国はASEAN各国との関係を強化し明らかに軍備を拡張しています、そんな中で町村外相と外務省は国連安保理常任理事国入りにいれ込んでいますが、成果はさっぱり上がっていません

国連に20%もカネを供出している日本が非常任理事国で、2~3%しか出していない中国が常任理事国で強大な権限を持っているというのはおかしな話しです、戦後60年を経て常任理事国入りできなければ、脅かしではなく供出金を少なくとも半分にすべきです、その分をODAに使えばいいのです

そんなことよりアジア外交です、東アジア外相会議を日本の外相がすっぽかしたことをASEAN各国が相当お怒りのようです、逢沢副外相あたりが行っていると思われますが、派遣先が逆です、町村さんが東アジア外相会議に出席して、逢沢さんが国連対応をするのが正常な外交の姿でしょう

国連安保理常任理事国入りは小泉首相の郵政民営化と一緒で、外務省の長年の強い願望のようです、外交関連のレセプション、パーティでの席次が常任理事国か否かで違うから、是非とも常任理事国になりたいという外務省の省利省略だというアフォな話しもききます

つうか面倒なことはしたくないという外務省のお公家さん根性が透けて見えるんだよね、ともかくASEAN各国とまともな外交をして、東アジアを外側から固めていけないようでは、隣国の中国・韓国とも正常な関係は築けません、ASEAN各国が完璧に中国頼みになってしまってからで遅いのです

中国が巧妙な外交と軍事圧力で東アジアに覇権を築こうとしているのは明らかです、戦争はともかく地域紛争の種になるからと、東アジアへの海上自衛隊派遣を危ぶむ声があるようです、確かに中国はスポーツ大会で去年のサッカーに続いて問題を起こすなど民度の低い国で、過去台湾を武力で威嚇したことがあるという前科者でかなり危ない感じはします

でも国益を守るためにはそのような脅しに屈してはいけません、中国が春曉ガス田を本当に操業させようとするなら、日本は海上封鎖も辞せずという覚悟で臨まなければいけません、逆に中国側に十分な説明が行われているとは思えない靖国参拝は今は止めるべきです、たな上げにして中国と話し合わなければ進まない北朝鮮問題の解決に全力を注ぐべきです

尚、朝日新聞によると60年代、2首相が「核武装論」 米公文書で明らかにだそうです、池田、佐藤の両元首相が米国に核の傘を出さなければ日本は核武装をするぞ言ったというのです、6カ国協議開催中のこの時期に出した朝日新聞のいやらしさを相当感じますが、両元首相の発言は国益に適っています、メディアに公言するのはいけませんが、橋本元首相のように米国の要人に対して、米国債から引き上げる用意があると発言するのはいいことです

《追記》
6カ国協議で拉致問題がラチ外に置かれているのは、中国と韓国に国連安保理常任理事国入り問題を借金のカタにとられているからという日刊ゲンダイの記事を読みました、本当ならことの優劣もまともにつけられないという何ともだらしない話しです、首相と自民党は既に北朝鮮問題にはまったく関心がなく〒問題にかかりきりという哀れな状態とか、これじゃ横田夫妻など拉致家族が可哀相だヨ~、世も末で肝心の核問題もどうなることやら

《追記2》
6カ国協議で北朝鮮での核の平和利用が盛り込まれないことを願っています、このあたりはもし米国が民主党政権なら盛り込むでしょう、対中東・イスラエル問題では民主党政権の方がいい、対北朝鮮問題ではブッシュ政権の方がいいと感じるのは皮肉なものです

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 本番じゃないから(北朝鮮にノーゴール負け) | Main | 高いトコに住みたいですか?(超高層マンションと地震) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東アジア外交を重視せよ(外側から固めよ):

« 本番じゃないから(北朝鮮にノーゴール負け) | Main | 高いトコに住みたいですか?(超高層マンションと地震) »