« 少子化を考える?(若者のセックスレス) | Main | また揺れたね(宮城県南部で震度6弱) »

August 15, 2005

危ないおじいちゃんの正しい発言(西尾幹二さん)

扶桑社の歴史教科書を書いた張本人、日本で一番危ないおじいちゃんこと西尾幹二さんが、ご自身のブログで小泉首相にについて正しい発言をされているので是非ご一読いただければと思います、この方の知的レベルはこのブログを読むだけで正直相当なものだと感じます

そんじょそこらの右寄りブログの稚拙な発言とはまったく次元が違います、それだけにこの方が発するレトリックには凄みがあり、うっかりすると信じ込まされます、ま今回の発言にどれだけ彼のレトリックが含まれているかは別にして、こと小泉さんに関しては正鵠にその行動を言い当てているような気がします

特に下記2つの下りは秀逸ですね、本当に今回も小泉さんに任せていいのか皆様再度考えてください<(__)>、こういう方が書かれている歴史教科書ですから、杉並区の山田宏区長が採用したというのも、止めて欲しいのですがわかるような気がします、前の記事で教科書よりも教師の方が問題だと書きましたが、そんなこんなですから教科書も問題かもしれません

郵政民営化について
 これが国民生活を良くするのにどういう効果があるのか説明されないうちに、首相の頭にこびりついた妄執のごとくに最高政策として掲げられたままである

北朝鮮問題について
 その後朝鮮総聯――破防法対象団体ともいうべき――への首相の友好的接近をみて、なんらかの形で彼は個人的に弱点を握られていて、総聯を通じて金正日から脅迫されているのではないかという推理が成り立つ

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 少子化を考える?(若者のセックスレス) | Main | また揺れたね(宮城県南部で震度6弱) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 危ないおじいちゃんの正しい発言(西尾幹二さん):

» 「西尾幹二のインターネット日録」管理人「年上の長谷川」さま。 [図書館員の愛弟子]
※下記は標記宛てメールとして送信する予定だったものです。が、私の不徳の致すところ [Read More]

Tracked on September 06, 2005 12:19 PM

« 少子化を考える?(若者のセックスレス) | Main | また揺れたね(宮城県南部で震度6弱) »