« 眞鍋かをりさんとの相性 | Main | 現職教師は首になりません(既得権益死守) »

August 05, 2005

日本人は高い音楽を聴け(即脊椎反射)

R30さんのiTunesMusicStoreにがっくりを読んでガックリときますた、米国在住でないとアメリカのアップルのサイトから音をダウンロードできないわけでつか、THE無念!オレもiPODって次世代へのつなぎの技術だけど数年は続くだろうから、そろそろ買おうかなと思ったけどや~メ、や~メ

日本ってCDでもアメリカより5割程度高いんだよな、クラッシクも日本のアーティストのCDを買おうかなと思っても、同じ曲なら欧米のアーティストの輸入版を買うか、日本人アーティストが欧米で出した輸入版(←チョーユウメイナバアイノミ)を買ってしまいます、まレーコード会社さんもあまりにガチガチにすると嫌われます罠

日本人は高い音楽を聴けつうわけかい?150円はないよ、せめて120円だよ、それとアップルのアメリカのサイトからのダウンロードを認めろよな、アメリカのサイトでダウンロードできるものすべてだよ、すべて!宇多田ヒカルあたりは日本語の曲でもアメリカのサイトにあるはずだしサ

《追記》
コメントありがとうございます、だいたいそんなことだろうなと思ってました、「批判するのならもう少し調べたら」とのこと、R30さんの記事を読んでムッとして書いているだけです、それに調べずに批判しても構わないでしょ、そう思いませんか?

アーティストの権利は守られるべきだけど、グローバルのこの世の中そもそもどこから買っても自由なんじゃないですか?サービス競争をすべきで、こんな規制で国内のレーコード会社を守ろうという発想自体ががおかしいですワ、違いますか?

《追記2》
コメントありがとうございます 「1$=90円台の頃は輸入物のCDを買いあさってたものです」とのこと、って言うかもしかすると、当時は本当に音楽が聴きたくて、自分の聴きたい音を探しまくって買っていたのではないかと、それが安かったのでさらに加速したのではないでしょうか、あっしもこの頃はほとんど買うことがなく、当時のCDを引っ張りだして聴いております(^^ゞ

《追記3》
コメントありがとうございます、この問題に関して言えば「米国在住でないとアメリカのアップルのサイトから音をダウンロードできないか否か」について調べる必要を感じます、それができないという前提で書いているとご理解ください、思わずムッとしてその前提があるということを省いてしまいました<(__)>、で本当にダウンロードできないんですかねぇ、だとすると残念です

《追記4》
今iTunesをダウンロードしました、でも米国のサイトにアクセスはできますが購入者が米国在住でないと買えません、ハイ日本の住所のクレジットカードが使えません、ま今回の記事名の通り「日本人は高い音楽を聴け」つうことのようです、本とCDなら直接米国アマゾンから買うことができます、早くこういう非関税障壁はなくさなくてはいけませんネ、J-POPはともかく洋楽は安い向こうのサイトから購入したいですね

《追記5》
今日本のストアに登録しました、でもこのライセンスは米国のストアで使うことができません、駄目ですなぁ、ま極私的マーケティング論さんによると日本の他のサイトはもっとひどいみたいです

《追記6》
コメントありがとうございます、「ちょっと調べれば海外のiTMSアカウントの取り方ぐらい出てきますよ」とのこと、そうスか、でも教えてはいただけない(T_T;

《追記7》
日本、米国の他イギリス、フランス、イタリアなど世界の20カ国にストアがあります、残念ながら日本のライセンスではどの国のストアでも買うことができないようです、J-POPは日本でしか買えなくてもいいです、でも現地にしかない音をダウンロードしたいのです、そのことがとても残念です

《追記8》
有料音楽配信iTMS、開始4日間で100万曲突破とのこと、たった4日間で15億円以上の売上ですか、凄いですね日本のユーザーがいかにこのサービスを渇望していたのかがわかります、記事には低価格と書いてありますが米国よりも30%以上高いです、ユーザーのことを考えた価格と日本以外のサイトへのアクセスを許可していただければ、もっとユーザーの支持を得られるものと考えます

《追記9》
湯川さんによると抵抗勢力とうまくやっていくのが日本流とのことですが、あっしはソロソロ変わるとみています、やっぱり正規で購入するユーザーが許さないでしょう、業界がそういうことをしているとユーザーはアングラに流れます、ユーザーの納得する価格で提供すれば流れません、そう思いませんか?

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 眞鍋かをりさんとの相性 | Main | 現職教師は首になりません(既得権益死守) »

Comments

価格を引き上げているのは日本の音楽業界の問題。海外のサービスからダウンロード出来ないのは、その国の音楽業界との権利関係。批判するのならもう少し調べたら。

Posted by: hi | August 05, 2005 03:23 PM

1$=90円台の頃は輸入物のCDを買いあさってたものです(2枚組で2k円とか)
あの頃に較べれば手取り収入は増えましたがCDの購入数はずいぶん減ってしまいましたね

Posted by: 案山子 | August 05, 2005 08:44 PM

>それに調べずに批判しても構わないでしょ、そう思いませんか?

個人的なblogなんだから気軽に書いて当たり前だという気持ちは分かります。
しかし、子供が真似をするので「調べずに書いているので不正確かもしれないが」という但し書きはあった方がいろいろと誤解が無いとも思いました。

Posted by: otsune | August 05, 2005 09:14 PM

ちょっと調べれば海外のiTMSアカウントの取り方ぐらい出てきますよ。

Posted by: 通りすがり | August 06, 2005 05:00 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本人は高い音楽を聴け(即脊椎反射):

» iTunes Music Store US [My Sleepless Nights in the Big Apple]
Paypalに加入しないといけませんが、iTMS-USストアのギフトカードの代理 [Read More]

Tracked on August 30, 2005 06:24 AM

« 眞鍋かをりさんとの相性 | Main | 現職教師は首になりません(既得権益死守) »