« 日本が移民を受け入れるなら交われ(ロンドンのテロ事件) | Main | 松井のヤンキース首位に0.5ゲーム差 »

July 17, 2005

北朝鮮とイランの印象(悪の枢軸?)

アメリカに悪の枢軸と名指しされた北朝鮮とイラン、日本からみた印象は北朝鮮が拉致を行う極悪非道のとても危険な国なのに対して、イランは普通のイスラム国家で旧イラクとは異なり特に危険だという感じがしません、世界の国々、特に欧州各国、中でも北朝鮮と国交がある国は両国にどんな印象を持っているのでしょうか、このことを知らないと上手な外交はできないと思っています、教えてください<(__)>

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 日本が移民を受け入れるなら交われ(ロンドンのテロ事件) | Main | 松井のヤンキース首位に0.5ゲーム差 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮とイランの印象(悪の枢軸?):

» メルヘンの世界 コルチナ・ダンペッソの魅力 [僕の伝言板 http://www.kcc.zaq.ne.jp/happy-retire/]
La Villaから車で1時間余り。スキー場のメッカとも称えられる美しい街、コルチナ・ダンペッソ(Cortina d’Ampezzo 標高約1200m)に行ってきた。街の四方八方にケーブルカーやリフトがあり、もちろんスキーの期間だけではなく、トレッキングの名所でもあるから、年間を通して訪れる人々が絶えることがほとんど無い。落ち着いた観光地でもあり、山岳スポーツの基地的存在。全く「メルヘンの世界」に迷い込んだような気持ちになる。 この街は50年代のアルペン・スキー界で無敵の強さを誇ったトニー・ザイラー... [Read More]

Tracked on July 18, 2005 01:59 AM

« 日本が移民を受け入れるなら交われ(ロンドンのテロ事件) | Main | 松井のヤンキース首位に0.5ゲーム差 »