« テレ東はなれてないなぁ(野球中継) | Main | 諸処雑感(参院、靖国、金属片他) »

June 03, 2005

何かを変えるということ(あくなき挑戦)

何かを変えるということは難しいですね、スポーツを例にとって探ってみたいと思います、今年の松井秀喜選手ですがオープン戦は絶好調だったのですが、ここまで打点こそ上がっていますが、打率2割6分台、ホームランは4本と去年と比べるとだいぶ低調です、その原因のひとつとして、さらなる高みを目指すために打撃を改造しているようなのです

具体的に言うと球を手元までに引き付けて打つように変えたと聞いています、ここからは専門家でないとわかり難く、あっしなんぞにはわからない世界ですが、球をみる時間が長くなるので凡打が少なくなるはずというのです、確かにメジャー1年目に揶揄された「ゴロキング」という仇名は昔話しとなり、凡打は少なくなりました、でもいい当たりも少なくなり、球も上がらずホームランとクリーンヒットが目立って減りました、松井の試みがうまくいくかどうかはホームランが出たので、この1ヶ月にかかっていると思います

ただこういう改造、時には悲劇を生むこともあるようです、日本で青木さん、尾崎さんと並び称されるゴルファーで言うと誰を思い浮かべますか?2人ともお爺ちゃんで知らないという貴方は若人です、余談ですが今でこそ女子ゴルフは藍ちゃん、さくらちゃんで盛り上がっていますが、その前の元祖アイドルは当時若干15歳の少女服部道子です、今ではマーケティングより歴史にお詳しいこの方に空気読めなどと揶揄(←記事が見つからん)されるオバハンになりました

え~ト前置きが超長くなりましたが中島常幸さんというゴルファーをご存知ですか、オーガスタで行われるマスターズの13番ホールで13打を叩いたことで有名な人で、青木さん以外で世界のメジャータイトルに一番近づいた方です、あっしの記憶では男女通じてメジャーに勝った日本人は樋口久子さんだけだと思います、岡本綾子さんも確か2位が最高です、全英女子オープンを勝っているはずですが、女子の全英はメジャータイトルではないはずです

その中島さんがもう20年近く前になると思いますが、男子ではメジャータイトルの全英オープンで最終日を前にトップに立ち、スワ日本人メジャー初タイトル奪取かと騒がれたことがあります、結局は途中でスコアを崩し、この年は確かノーマンが優勝したような記憶があります、それからの中島さんは外国でも通用するようにとフォーム改造を行ったのですが、結局実らず、且つ日本での成績も段々と芳しくなくなり、それからは期待に応えるような活躍をしなかったと思います、もちろん一流ではあり続けましたが、世界で勝負できる超一流にはなれなかったということです

こういうことを考慮すると超一流になろうとする努力は両刃の刃なのかもしれません、でも私はこういう努力は何の世界でも、結局失敗に終っても賞賛したいと思います、日本のゴルファーで青木さんと尾崎さんでどちらが賞賛されているでしょうか、私は青木さんを賞賛します、失礼な言い方かもしれませんが、結局世界に挑戦しようとしなかった尾崎さんは井の中の蛙に過ぎないそう思います、もちろん凄い蛙であることは認めての上です

その意味でゴルフは丸ちゃん、藍ちゃん、MLBではゴジラ松井さん、イチローさん、井口さんなどに期待するとともに、パイオニアの野茂さんを深く敬愛するものです、競馬もディープインパクトという久々に超大物が出たようですので、日本という殻を抜け出して凱旋門賞、BCクラシックなどで世界の頂点を極めて欲しいです、F1の佐藤琢磨さんも年間チャンプはともかく、この2、3年で1レースでいいからチェッカーを受けてシャンパンを体中に浴びて欲しいです、それが鈴鹿、富士といった日本のサーキットなら最高です

サッカーも中田さんに一時期の輝きがありません、もしかするとさらなる高みに向けた挑戦に一度は敗れたのかもしれません、でも彼にはまだ十分チャンスが残されていると思います、この1、2年が勝負になりそうです、批判はせず温かに見守ってあげたいです、何とかトップチームでレギュラーを張ってセリエAならスクデッドを獲って欲しいです、もちろんドイツW杯にも行ってくださいネ

《追記》
コメントありがとうございます、「それにしても海外に出て行ったスポーツ選手は、何でこうも仏頂面なのでしょう。マスコミ不信とはいえ、ファンとしては面白くないです」とのこと、野茂さんは無口ですけど仏頂面だと思ったことはないです、マスコミの先のファンをみているなぁと思っています、そしてゴジラ松井の努力は凄いですね、でもイチロー、中田などは何故か仏頂面です、特にイチローは凄いと思いますが、日本のプロ野球ファンが好きではないという感じです、確かにその原因はファンにもありますが、何故か釈然としません、誰から高いカネを貰っているんだ、もっと努力をしろと思います、ただ一番の原因は本当はスポーツが好きとはそうしても思えない、日本の不躾なマスコミなのかなと思います、それは彼らの海外での記者会見、奉仕活動をみて感じることです

《追記2》
「マーケティングにも歴史にも詳しいですぅ。」ブルブル、ひぇ~おおお許しを~m(__)m、さて、コメントありがとうございます、「マスコミ不信というより、マスコミがあまりにもバカすぎるからじゃないですかね」とのこと、はいそう思います、ただ「空気嫁」と仰いますが、アレは闘いですからあっし的には反対です、勝てない2人が駄目なんです

《追記3》
コメントありがとうございます、「野茂は沢村栄治や稲尾和久級の偉人」とのこと、仰る通りですね、日本人選手が流出するではなくて、輩出する、そして一部のチームがMLBを超えるということにならないとネ、孫さんあたりはそんなことを考えているでしょう、でもその孫さんも王さんも純粋な日本人ではない、日本人はたゆまぬ努力をする彼らの爪の垢を煎じて飲まないといけません、朝青龍にしても好きな奴じゃないけど、凄い奴だなと、あの態度はさておき見習うところは見習えと思います、大相撲はジェシー高見山がパイオニアですかネ

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« テレ東はなれてないなぁ(野球中継) | Main | 諸処雑感(参院、靖国、金属片他) »

Comments

トラックバックありがとうこざいました。
前向きに挑戦し続けるという事では、私も松井(秀)もイチローも凄いと思います。
でも彼らに大リーガーへの道を開いた先駆者の野茂はもっと素晴らしいですね。
一度は大リーグから放り出されたにも関わらず、また実力ではい上がって来たわけですから、その努力には脱帽せざるをえません。
サッカーの中田(英)には、ピークを過ぎたとしても、それなりの円熟味を出して欲しいと願っています。流石だなーと思わせるものが欲しいのです。
それにしても海外に出て行ったスポーツ選手は、何でこうも仏頂面なのでしょう。
マスコミ不信とはいえ、ファンとしては面白くないです。

Posted by: mino | June 03, 2005 10:16 AM

「マーケティングにも歴史にも詳しい」ですぅ。
ヾ(`Д´)ノ゙
服部道子は、昔は可愛かったし、今はプロなら、空気を読まなきゃ。
空気を読むのもプロの技術のうちでしょう?(゚Д゚)

海外に出た選手が仏頂面なのは、マスコミ不信というより、マスコミがあまりにもバカすぎるからじゃないですかね。

でも、そういいつつ、イチローや松井秀の「親友」を語り、たしかに彼らが心を開く数少ないスポーツ記者が「今朝の松井選手の朝食はあんパンでしたぁ」なんてやっているんですからね。

ま、どっちもどっちだと思ってます私は。(-ω-)

Posted by: 千日回峰行者 | June 04, 2005 08:55 PM

トラックバックありがとうございました。
挑戦して、更なる上を目指すのは並大抵な事ではないから、結果はともあれ、そういう人は賞賛されていいですよね。
仰ってますが、野茂英雄という投手は、一言で言えば日本人大リーガーのパイオニアではありますが、彼がいなきゃ、イチローや松井は居なかったかもしれないし、そういう意味でも偉大な扉を開けた人物と言えるし、何より両リーグでノーヒットノーランをやってのけたとてつもない人物なんだから、もっとヒーローとして扱ってしかるべきなのになぁと思います。それこそ、沢村栄治や稲尾和久級の偉人だと私は思ってるんですがね。

Posted by: コミックハウス | June 05, 2005 12:28 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何かを変えるということ(あくなき挑戦):

« テレ東はなれてないなぁ(野球中継) | Main | 諸処雑感(参院、靖国、金属片他) »