« 中国の民主化(中台対話は中国政府の誤算ではない) | Main | 楽天過去最高益(コンビニはセブンに集約?) »

May 12, 2005

外交カード(石原都知事が北京五輪ボイコットを提案)

石原東京都知事が北京五輪のボイコットを提案しているようです、この提案そのものはお笑いですが、中国政府は石原さんが日本国内で人気があることを知っていますので、この提案に日本政府が絡み石原さんにやらせているとするならば非常に面白いです、どうなんでしょうね、日本政府は2008年北京五輪だとか2010年上海万博だとかを外交カードとして利用すべきです

ロシアが主催した戦後60年の記念イベントに小泉首相があっさり参加したことをみても、過去にどうも外交カードを上手く使っていないように見えます、このイベントへの小泉首相参加の可否は、北方領土、サハリン原油、シベリア石油のパイプラインの有効な外交カードとして使えたはずですが、日露関係が日本有利に進展した様子はみえません、中国に対しては「暴力行為を謝罪できない国に北京五輪・上海万博を開催できるのだろうか」と言ったニュアンスの発言を巧妙に行う必要があります

《追記》
産経に「16:13 ロシアが外交で日本を格下げ。中印などの第1グループから第2に変更。領土問題に嫌気、投資も低調で。関係筋証言。」って書かれてました、アレアレって感じですな

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 中国の民主化(中台対話は中国政府の誤算ではない) | Main | 楽天過去最高益(コンビニはセブンに集約?) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 外交カード(石原都知事が北京五輪ボイコットを提案):

« 中国の民主化(中台対話は中国政府の誤算ではない) | Main | 楽天過去最高益(コンビニはセブンに集約?) »