« A級戦犯は罪人? | Main | イラクの斉藤さん戻らず? »

May 28, 2005

元日本兵発見?

元日本兵との面談、28日以降に持ち越しとのこと、戦後60年まだ昔の戦地にいる方いたとはビックリです、でもこのお2人は約30年前に日本に帰還した横井さん、小野田さんとは違ってお子さんもおり、日本が負けたことは知っていたようです、では何故日本に戻ろうとはしなかったのでしょうか、気になりますね、尚現地はイスラム過激派の反政府ゲリラの支配区域で、フィリピンの日本大使館は接触に苦労しているとのこと、慎重に動いて欲しいものです

《追記》
TBありがとうございます、東京裁判の再審ですか、それは止めた方がいいです、60年前の亡霊を呼び返し、右傾化などアラヌことを言われますから。。。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« A級戦犯は罪人? | Main | イラクの斉藤さん戻らず? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 元日本兵発見?:

» 政府は旧日本兵の所在を調査せよ。 [la3751の日々雑感]
 フィリピンに、帰国していない旧日本兵がいる模様と報道されています。 毎日新聞の報道によれば、まだ数十人規模の日本兵がいるともいいます。  それらの人々が発見されたことは喜ばしいことです。  その方たちは、いままで、とても苦労されたことと思いますし、帰国したら温かく迎えたい と思います。  しかし、今まで政府は何をやっていたのでしょうか。  政府は、国策として、国民を徴兵し、戦争に参加させ、戦地に送りました。  とすれば、その国民が日本に帰国するまで責任を負うべき義務があります。  政... [Read More]

Tracked on May 28, 2005 01:36 AM

» もはや戦後では・・・ [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
焼け野原と化した国土を抱え、敗戦を迎えた我が国。その後、勤勉な国民性と朝鮮戦争による特需景気も在って、未曾有の高度経済成長期を迎える事となる。そんな中、1956年に発表された「経済白書」には、その年の流行語にもなった「もはや戦後ではない。」という言葉が載る等、戦後11年を迎えて悲惨な戦争の記憶が消えつつある事を印象付けた。 しかし、それから16年後の1972年にグアム島で横井庄一元陸軍伍長が、そして�... [Read More]

Tracked on May 28, 2005 04:34 AM

» 今日は株高債券安 フィリピンで日本兵? [Star Prince JUGEM]
最近シンガポールで海賊が良く出るそうだがフィリピンで日本兵?生存していれば80歳台と推定されるが 今さらの感もあります 東京では地震は起きず [Read More]

Tracked on May 28, 2005 06:27 AM

» 元日本兵 フィリピンで発見 [=社説は語る=]
『読売新聞(05/05/28)』 元日本兵-戦後60年『奇跡の生還』ニュース  戦後60年を経て、かつての戦地から、奇跡的な生還のニュースがもたらされた。  旧陸軍中尉の山川吉雄さんと、伍長の中内続喜さんとみられている。ともに80歳を超える高齢だ。  2人とも日本への帰国を希望しているという。政府には、できるだけ早い帰国の実現と、もし日本での生活を望むのであれば、手厚い支援を求めたい。  戦地からの未帰還者の調査に、政府はどれほどの力を注いできたのだろうか。厚生労働省は、「元日本兵らしき人... [Read More]

Tracked on May 28, 2005 07:30 AM

» 終わらない戦争。 [猫の名はAqui]
 フィリピンの元・日本兵の方々のニュースの続報が出ていた。  国の対応が遅いとい [Read More]

Tracked on May 28, 2005 07:41 AM

» 旧日本兵:まだ戦争は終わらない [クラシック映画館 兼 ミステリ小劇場]
彼らは戸籍上は戦死にされていた。 松本清張の「球形の荒野」を思い出した。 戦後日 [Read More]

Tracked on May 28, 2005 11:15 AM

» 山岳地帯で60年〜ミンダナオ島に旧日本兵が〜 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
なんと、山岳地帯60年も・・・。 終戦を迎えたときに引き揚げに間に合わず、そのまま60年もの間、現地で生活していたとみられる旧日本兵の男性2人が、フィリピン南部のミンダナオ島で生存していることが明らかになりました。2人は現地で保護され、帰国を希望しているとのこ... [Read More]

Tracked on May 28, 2005 09:25 PM

» 日本兵生存と現代日本 [GO.KI.RA.KU]
ミンダナオ島で日本兵生存のニュースに世間が仰天している。   戦後60年の節目の年と言われている今年、60年前戦地に出征したまま帰国を果たせないでいる日本兵がいたということは日本の戦後はまだ終わっていないことの証しではないだろうか。 残念ながら、大東亜戦争は過去の出来事、あるいは歴史の中の出来事と見限る風潮が今日の日本には蔓延している。 さらに残念なことなのは、後世に平和な日本を残してくれた先人たちのご... [Read More]

Tracked on May 29, 2005 01:31 PM

« A級戦犯は罪人? | Main | イラクの斉藤さん戻らず? »