« 宮城の酔っ払い運転殺人事件 | Main | 井口決勝の二塁打 »

May 24, 2005

靖国参拝III(「内政干渉だ」と妄言を吐く愚者)

「内政干渉」発言に中国が反発 訪中の武部幹事長と応酬とのこと、小泉首相、武部自民党幹事長と揃いも揃って愚者ということがあらためて判明しました、何であの場で「内政干渉だ」などと言う妄言を吐くんでしょうね、まあの武部さんのことですから場の雰囲気もわからずに、小泉さんの有り難いお言葉をそのまま伝えたんでしょうね、容易に想像がつきます、賢者は思ってもそういうことを口に出さないものです、正直もう少し利口な人に首相とか幹事長になっていただきたいものです

まここは「常識はずれのマナー」 中国副首相帰国を閣僚が批判と中国の態度を批難するのもいいですが、「靖国参拝は戦争の犠牲者を弔い、二度と戦争を起こさないことを誓うためです」と、今日本はアジア各国に「不戦の誓い」のメッセージを流すべきじゃないですか?隣国に靖国参拝をさせてくださいとお願いするのではありません、アジア各国に日本の首相はこういう理由で靖国参拝を行うのですと伝えるのです、アジア各国が日本の発言に注目している今が良い機会ではないか、そのように感じます、如何でしょうか?

《追記》
コメントありがとうございます、私は隣国を説得しようなどとはゆめゆめ思っていません、彼らには恐らく理解不可能だろうし、また理解するなどとは口が裂けても言えないでしょう、でも他のアジア各国ならある程度理解していただけると思います、何よりも大切なのは日本がきちんと説明しているという事実です

このことを地道に行えば反日デモの時にみられたように、欧米のマスコミが日本支持に回るなど国際社会の支持が得られます、今の小泉さん・日本政府が説明責任を果たしているとは到底思えません、過去のお詫び外交から脱却するのはいいのですが、いきなり逆サイドに振れるのも危険です、如何でしょうか?

《追記2》
コメントありがとうございます、彼の方は単なる九官鳥ですからネ、自分の言葉を持っていない人です、党内で汗をかくのだけがとりえの人ですから、それをわかっていながら今一番難しい相手との外交に当たらせたのがそもそもの間違いでしょう

《追記3》
細田官房長官:中国副首相帰国「これ以上コメントしない」とのこと、でもコレって事なかれ主義じゃないですか、いろいろとギャースカ言うのはまずいですが、日本政府の見解をきちんとまとめてコメントすべきだと思います

《追記4》
シンガポール首相、靖国参拝で安倍氏に慎重な対応求めるとのこと、安倍氏は「誤解されている側面が強いのでしっかり説明していきたい」と表明したそうですが、アジア各国の首脳だけではなく、人々にも伝わるように説明する必要があると思います

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 宮城の酔っ払い運転殺人事件 | Main | 井口決勝の二塁打 »

Comments

靖国神社のHP見てると、「戦争を知らない世代に伝えたいこの感動」とかやってますからねぇ。当然、侵略戦争であることは否定してますし。
なかなかここに参拝して「不戦の誓い」とか「過去の反省」とか言われても、理解されないのではないでしょうか。
小泉首相もそれを分かっているから、説得を避けて「干渉するな」と突っぱねるのだと思います。

Posted by: mike | May 25, 2005 12:26 AM

こんにちは、お邪魔します。

「新しい解釈か?」と言われて何で引き下がるかな~っ。
「世界の常識です」となぜ切り返せないのか。信念も何も持ち合わせていない。もう、あの男をすぐにでも辞めさせて頂きたい。奴の中国での弱気な態度が、中国のおばさんに首相との会談をドタキャンさせる事になったのだと思う。「この程度の男が与党の幹事長なのだから」と、なめられてしまったのだ。一般企業であんな失態をすれば、まずクビか左遷だと思うのだけれど。


Posted by: タカボンのパパ | May 25, 2005 05:19 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 靖国参拝III(「内政干渉だ」と妄言を吐く愚者):

» 目にしたくない中国の動き [=社説は語る=]
『毎日新聞(05/05/24)』 日中関係 これ以上冷やしてはならない  小泉純一郎首相と中国の呉儀副首相の会談が急きょ、中止された。中国側が「緊急の公務」を理由に申し入れてきた。首脳級会談が当日にキャンセルされたのは外交儀礼上、極めて異例だ。日中関係改善へのステップになるとみられていただけに残念である。  突然の会談キャンセルについて中国側は在日大使館を通じ、靖国問題が理由ではない、と外務省に伝えてきたという。だが、一方では中国指導部内の対日強硬派の巻き返しとの観測があるほか、小泉首相の靖国... [Read More]

Tracked on May 24, 2005 07:39 PM

» 日中関係を今後どうしていくべきか。 [la3751の日々雑感]
 今回、中国副首相と首相との会談キャンセルがあった。  確かに、首相と会談することを、日中外相会談で合意しておきながら、一方的に キャンセルすることは、非礼な行為である。  理由はともあれ中国は、批判されて当然のことをしている。  しかし、一方で、中国がどうして、外交儀礼に反してまで、首相との会談を拒否した かについて、きちんと考えておく必要がある。  なぜなら、日中関係は、外交上・経済上、重要な関係にある。 外交面では、国連安保理加入問題や北朝鮮問題で、中国はキーマンである。 また、経済... [Read More]

Tracked on May 24, 2005 08:28 PM

» 己が信じる道を行く時 中国副首相「土壇場会談キャンセル」に思う [夕刻雑感]
中国呉副首相による突然の会談キャンセルで、また日中関係が荒れている。 どうやら中国側としては「靖国」問題をめぐる小泉首相らの発言を問題にしているようだが、本音のところは事態をあまりこじらせたくはないはずだ。ただし、ここで強硬な姿勢をとらなければ、国民に対..... [Read More]

Tracked on May 25, 2005 07:14 AM

» 靖国神社 [SIDEWALK TALK]
訪日していた中国の呉儀副首相が小泉純一郎首相との会談をドタキャンした理由について [Read More]

Tracked on May 25, 2005 08:30 AM

» 大東亜戦争の評価 [1喝たぬき]
俺が前に書いた「毛沢東。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらしました」に対して、まっくんさんから「日本軍国主義が中国に大きな利益をもたらしたというのは、いかがなものでしょうか」というコメントをいただいた。... [Read More]

Tracked on May 25, 2005 09:59 AM

» ドタキャン中国副首相「無礼」論にみる、新聞社説の迷走 [書評日記  パペッティア通信]
中国副首相の突然キャンセルに、読売新聞と産経新聞がブザマにも、「無礼」「内政干渉」だと言い始めた。ここまでくると、脳軟化症なのか?としかいいようがない。■【主張】靖国参拝の意義 首相は世界に向け説明を(産経新聞) 中国の呉儀副首相が小泉純一郎首相との会...... [Read More]

Tracked on May 25, 2005 08:16 PM

» 悪化の一途を辿る日中関係 [★★こころのままにっき★★]
中国が一方的に悪いという人たちが多いが、私としては、中国だけを批判するのもどうかと思う。   相手国が自分達の国の常識とはかけ離れたことを言っているのであれば、相手の言葉に耳をかたむけてみるべきである。   それを一緒になって言い合っているのであ... [Read More]

Tracked on May 26, 2005 01:11 PM

» 中国副首相の会談キャンセルと靖国神社 [りゅうちゃんミストラル]
小泉首相と中国副首相である呉儀氏との会談が、中国側の都合でキャンセルしたことに日本国内では批判があるようだが、私にはその怒りの理由がわからない。中国会談キャンセル:「内政干渉」引き金に(毎日新聞)その理由は簡単。1、中国は話のしにくい国だ。今怒っても無...... [Read More]

Tracked on May 26, 2005 03:40 PM

» 呉儀副首相が小泉首相との会談を取りやめ [1喝たぬき]
中国国営紙チャイナ・デーリーは社説で、儀副首相が小泉首相との会談を取りやめた理由について、靖国問題が背景にあると指摘。 [Read More]

Tracked on May 26, 2005 07:19 PM

» 「内政干渉」の意味を考える [Re:F's blogroom]
 靖国神社参拝問題で、今さまざまなブログで論争が巻き起こっている。私自身も自説を組み立てながらも何とか参加を図ろうとしている状態だが(笑)、他の方々の意見を見ると、右派左派問わず「成る程!」と頷いてしまうものが多く、私としても参考にしたいと思っている。 そんな状況の中で... [Read More]

Tracked on May 26, 2005 10:38 PM

» 中国副首相帰国問題、政府が沈静化図る方針 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
中国の呉儀副首相が小泉首相との会談を突然キャンセルし、急遽帰国したことについて、日本政府内で批判が上がっていましたが、細田官房長官が25日の会見で、中国批判を控えることを政府内一致した方針として申しあわせる考えを表明し、沈静化を図る方向へ進んでいるようです... [Read More]

Tracked on May 27, 2005 02:33 AM

» 靖国参拝の不思議(上) [◆木偶の妄言◆]
毎年8月15日に「全国戦没者追悼式」が開かれている。1963年の閣議決定以降、政府主催で毎年行われているものだ。82年以降は「戦没者を追悼し平和を祈念する日」として閣議決定され、それに基づき行われている。総理大臣、衆参両院議長、各政党代表、天皇・皇后などが参加する。 式典における戦没者の範囲は「日中戦争以降の戦争による死没者(軍人・軍属及び準軍属のほか、外地において非命にたおれた者、内地における戦災死没者等をも含むものとする)」とあり、軍人・軍属230万人、空襲や原爆、沖縄戦などで死没した一般... [Read More]

Tracked on May 27, 2005 08:55 PM

» 靖国問題解決私案・上 [曇りのち晴れ]
中韓の言いがかりを排除するためには [Read More]

Tracked on May 28, 2005 12:32 AM

» 呉儀副首相が小泉首相との会談を取りやめ [1喝たぬき]
中国国営紙チャイナ・デーリーは社説で、儀副首相が小泉首相との会談を取りやめた理由について、靖国問題が背景にあると指摘。 [Read More]

Tracked on May 30, 2005 07:43 PM

« 宮城の酔っ払い運転殺人事件 | Main | 井口決勝の二塁打 »