« 京都レイプ牧師 | Main | 政治家は票が命 »

April 11, 2005

愛国有罪(?)

中国の反日デモのスローガンは「愛国無罪」というらしいです、「国を愛するなら何をしても許される」ということだそうです、そりゃないだろと思いません?、必ず人としての道を外さなければという前提がつくんじゃないですか、これを忘れてはいけません、いずれにしてもデモを行うのは自由ですが、他国の大使館に投石した人間を捕まえて処罰しないということは許されるものではありません、新華社通信とか、中国のメディアは反日デモのことを伝えていないようです、報道管制はよくないですね、中国はそろそろ ”大人の国” に脱皮する時期なのかもしれません、日本にとって中国が大人の国になる方がいいのか、それとも今のままの方がいいのか、どちらでしょうね

《追記》
日経NETに「経産次官「東シナ海ガス田試掘、日中関係見極め時期判断」」とでました、「杉山経産次官は「中国側から満足な回答がない場合は日本も同海域で試掘の手続きに入る考えを強調した。しかし政府内には「反日デモが広がる中で、中国を刺激するのは得策ではない」との意見もある。」」とのこと、そんな弱腰でどうすると思いますが。。。

《追記2》
コメントありがとうございます、「日本もまだ大人の国じゃない」って、確かにそうですね、でも「わが国に責任はない」と言う中国よりはましかと。。。

《追記3》
> こうなったのは中国が信用できなくなったからだ
TBありがとうございました、事実ですが、相手に責任をなすりつけてばかりでは問題は解決しません

|

« 京都レイプ牧師 | Main | 政治家は票が命 »

Comments

はじめまして。サイト、いいですね。
墨がwww

それにしても、(サイトでなくて;記事の件ね)
何をやっても良いというのは
どうかと思いますね。

日本もまた、大人の国になって欲しいものです。
まだ、なっていない。

またお邪魔します。
よろしくお願いいたします。

Posted by: yoshio777 | April 12, 2005 01:06 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛国有罪(?):

» 日経下げる!! [  胃にやさしい株式トレード戦記]
大幅下落・・、要因は多々ある。裁定解消売り、中国での反日デモ、政局の不透明化などなど・・・よって日経は1800を下回った。 いやぁ〜〜、なんだか大きな経済の流れの腰を折る話題ばかりでいやになるな〜、最近政治もなんだか大味ぎみだし、大丈夫かね・・。 まあ、... [Read More]

Tracked on April 11, 2005 10:43 PM

» 後出しジャンケン [あさひ素材 社長雑記]
中国での反日騒動が、日本のマスコミでも大きく取り上げられるようになって来ましたね。 国民の関心が高いから大きく取り上げるのか、マスコミが大きく取り上げるから国民の関心が高まるのか、どちらかは定かではありませんが、今、日本政府にとっては良い風が吹き始めて... [Read More]

Tracked on April 12, 2005 09:24 AM

» 日本政府は深く反省するはずだ [きまぐれ日記@WebryBlog]
>温家宝・中国首相は中国で起きている反日デモを受けて、 >「アジアの人々の強い反発で、日本政府は深く反省するはずだ」 私は反省より怒りがわいてきた。日本で反省する奴がいるのか? もう、あきれてものも言えない テレビでは双方が冷静にと言うが冷静に怒りを溜め込んでいるだけだ。 デモを禁止しろとは言わない。それが理不尽な要求でも自由にものを言うことは大切なことだ。が、そのデモで日本を襲撃から守るのが中国政府の役割だ。... [Read More]

Tracked on April 13, 2005 12:05 PM

» [hist]まあ、落ち着いて…… [聆曜亭の日常-Pensée dans le”Ryoyotëy”]
翻って日本を見ると、戦後の反省はこのような深い局面までにははるかに及んでいない。日本のファシズム軍国主義はドイツのナチズムと比べて勝るとも劣らないと言える((日本の侵略行動はアジア経済のブロック化の意図に出たもので、特定の民族を憎悪してその抹殺を目指したわけではない。「ナチズム」の精神性と日本のそれは異質のものだと思う。))。あのように普通の日本人の心を引き付けた洗脳力もドイツのナチズムと比べて大差はない。 ファシズムが惑わす狂気と残虐性はもちろん十分に恐ろしいものである。だがもっと恐ろしいのは... [Read More]

Tracked on April 16, 2005 07:00 PM

» 「愛国無罪」と宋慶齢(孫文の未亡人):1930年代の中国愛国... [書評日記  パペッティア通信]
「愛国無罪」について、正しく書けているサイトがまったくない。ネット上に史料を提供するために、昨日の続きで補足説明を書いておきます。ネットは本当に使えねえなあ、、、と落胆しきり。「愛国無罪」これは、昔からあった言葉ではありますが、今のように使われはじめた...... [Read More]

Tracked on April 19, 2005 01:08 AM

« 京都レイプ牧師 | Main | 政治家は票が命 »