« プロマスコミの弱点II | Main | 反日デモについて »

April 16, 2005

記者失格&反日のはねっかえり

中国反日デモ:「日本人は死ね」と殴打 上海の留学生証言とでました、逆に昨日は日本で中国人留学生を殺害したという誤報が飛び交いました、不幸にして今の歴史教育の実態を知りませんが、我々の頃は歴史的事実として第一次世界大戦を引き起こしたのは、バルカン半島におけるオーストリア皇太子の殺害だと教えられています、でも、このことは引き金を引いただけに過ぎません、そのころの空気はいつでも戦争が起こってもおかしくなかったはずです、中国に対して祈る気持ちに書いた中国の行為は、65年前ならこれで戦争に突入でしょう、いくら硬軟織り交ぜた揺さぶりとはいえ卑劣きわまりません、日本が起こした「盧溝橋」と一緒です、まず、そのことを中国の方は忘れないで欲しいと思います、また、どこにでもはねっかえりはいます、この平和な日本でも1億人以上の人間がいますから、本当に愚かな行為をする馬鹿はいます、それは中国でも一緒です、上の記事は一見冷静に伝えているようですが書いている記者の怒りと高揚が伝わってきます、プロの記者であるならば「まずはねっかえり・馬鹿はどこでもいるので冷静に行動をして」と書いてから、同じことを書いてください、そのくだりを省略すると万一本当にとんでもない事件が起こったらとんでもない事態になります、そのとんでもないことは反中教育をしていない日本でも起こる可能性はゼロではありません、まして、反日教育を施しているといわれる中国で、日本の10倍の人がいるわけです、イタリアサッカー・ミラノダービーでのインテルサポーターの行動をみてもわかるじゃないですか、プロマスコミなら煽るのではなくやってはいけない卑劣な行為であることをまず前面に押し出して書くべきで、その意味でこの記事を書いた記者は失格です、煽れば新聞が売れるというのは邪道です、重々認識してください

《追記》
コメントありがとうございます、母と息子の場合行き過ぎなければ愛情のあらわれですよ、ワルく言うとバチ当たるよw

《追記2》
中国反日デモ:中国大使館に嫌がらせ続くとのこと、日本にも馬鹿はおります m(__)m

|

« プロマスコミの弱点II | Main | 反日デモについて »

Comments

2年半くらい怒鳴り続けたあの女の人って、僕の母の怒った時とそっくりだった(笑)

 でもTVゲーム(FFとかDQとか)をいつでも買っていいよという人で(笑)、ハンゲ~?人です。

Posted by: kusumotokentaro | April 16, 2005 10:16 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 記者失格&反日のはねっかえり:

» 中国大使公邸にスプレー。それ、ただの犯罪。 [札幌から  ニュースの現場で考えること]
東京の中国大使公邸にスプレー、というニュースが流れています。各社ほとんど内容は同じですが、共同通信はこれ。 以下は引用です。 東京の中国大使公邸にスプレー 日中関係の悪化に便乗か  東京都港区元麻布の駐日中国大使公邸で15日夜、スプレーが吹き掛けられているのが見つかった。警視庁は日中関係の悪化に便乗した悪質ないたずらとみて調べている。調べでは、同日午後9時ごろ、公邸の門にある郵便受けや表札に赤色のスプレーがまかれていた。政治的なメッセージはなかった。  警視庁警備部によると、同公邸は2... [Read More]

Tracked on April 17, 2005 07:05 PM

« プロマスコミの弱点II | Main | 反日デモについて »