« 温家宝首相の発言など | Main | ネットは新聞を殺さないが… »

April 13, 2005

反日対策(日本企業の戦略的外交への期待)

私は反日対策として日本企業の戦略的外交に期待したい、外交は政府だけがすればいいという問題ではないと思います、企業にも求められているのではないでしょうか、例えば中国全体を俯瞰的にみたときにどこの地域が魅力的なのかということを詳しくは知りません、ただ、今の中国経済は中央集権ではありません、各省、各市による地方分権が日本より遥かに進んでいると聞いています、アメリカのような地域国家になっていると言うのです、なら、リスクの多い南西部にこだわることはありません、比較的安全な東北部にできるだけ拠点を移せばいいことです、このまま推移するならば移さざるをえないというメッセージを投げかけるのも効果があると思います、中国は地域間競争になっていますので、南西部の省・市政府が問題を自ら解決しようとするでしょう、もちろん、その間他国が日本が抜けた南西部に入ってくるでしょう、そのシュミレーションとリスクを徹底検証してこの事態を解決して欲しいと思っています

小泉さんは少なくとも今年は中国政府、韓国政府の要望に応えて靖国参拝は自粛すべきです、中国を訪問し「靖国参拝は戦争礼賛ではない、戦没者の慰霊なのだ」ということを強く訴え、それに応えた「理解する」というようなメッセージを瑚主席からもらえるよう最大限の努力をして欲しいと思います、そういうメッセージをもらえるなら今年は自粛すると発言してもいいと思います、中国の外交カードに使われるのではなく、日本の外交カードとして使うのです、小泉さんの意地、日本国内のそういった”票”にこだわるようでは小泉さんは”小者”と言わざるを得ません

《追記》
ZAKZAKに「中国暴徒、上海K-1もKO…選手安全確保優先」と載ってました、大連・瀋陽でやればいいと思う

《追記2》
コメントありがとうございます、慎重にやらないと「中国をさらに増長させる結果に陥ること」は事実ですね、そして確かに「一般的な日本人の自然な死生観を中国側が納得する可能性はゼロに等しい」のかもしれません、逆にそれだけに小泉さんには靖国参拝の件で国家主席が2代に渡って愚弄されていると思い込んでいます、ここをクリアしないと話しが先に進まないんじゃないでしょうか、「諸外国でも大々的に報道された結果」で脅しをかけながら、靖国参拝の意義を主張しつつ、中国人民の心情に配慮するとして今年は参拝を取り止める方が僕はいいと思います、他に何か方法はありますか?ま、あのオッサンじゃそれは無理です、郵政民営化で政局になって辞め、結果として靖国参拝なしになると一番いいような気がします、如何ですか?

《追記3》
再コメントありがとうございます、「靖国に中国・韓国の要人に参拝していただく」のは夢想・空想、そして妄想の域を出ませんが理想ですね、「参拝取りやめ一時しのぎにしかならない」とのこと、普通にやればそうなりますね、「靖国参拝は戦没者への弔いである」と強く言い続けることが必要です、ただ、石原さんのような右寄りの人がこのこと以外で参拝するため問題は複雑で、仰るとおりになってしまう可能性大です、なので私は貴殿は反対されていますが分祀や別の追悼施設しかないだろうと思っています、この点天皇陛下は慧眼だと思います、私も戦勝国の集まりである国連以外の活動を強化すべきと思います

|

« 温家宝首相の発言など | Main | ネットは新聞を殺さないが… »

Comments

一般的な日本人の自然な死生観を中国側が納得する可能性はゼロに等しいこと、そもそも中国にとっては靖国参拝をしないことが当たり前なので何の取引材料にもならないだけでなく中国をさらに増長させる結果に陥ること、諸外国でも大々的に報道された結果としてここで安易に譲るのは中国以外へのこれからの日本外交に害するだけであることなどから、日本にとってよほど好都合な交換条件が持ち上がらない限り、靖国参拝についてはもはや「小泉の票狙い」では納まらない状況に至ったと私は考えます。

あくまで企業の自発的な経済圧力として、中国以外への移転も視野に入れた、適切にチャイナ・リスクを評価したうえでの戦略的な日本企業の進出については異論ありません。

Posted by: ろく | April 20, 2005 02:58 AM

靖国問題についてレスを頂いてからずっと考えていたのですが、国連改革案件が一段落した後の秋季例大祭に世界の要人(第二次世界大戦の関係国の要人、コキントウ氏ならばベストだがこれは無理)と一緒に参拝する、という厨房以下の案しか思い浮かびませんでした...。

しかし、中国人民の心情に配慮して今年は参拝を取りやめる、という提案には賛成できません。所詮、一時しのぎにしかならないことと再開すれば中国からの非難も再び始まることが明らかだからです。分祀や別の追悼施設についても同様です。

なお、拒否権を何とかしない限り国連について私は、常任理事入りできるならしておいた方がよい、といった程度の熱意しかなく、宗教観については「『空』の概念って最強」派です(笑)。

Posted by: ろく | April 27, 2005 02:25 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 反日対策(日本企業の戦略的外交への期待):

» [ゴーログ]日本は護るべきスタンダードを持っているのか? [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。高山植物の写真についてはちょっとウルサイ「くびったけじゃな [Read More]

Tracked on April 18, 2005 09:35 AM

« 温家宝首相の発言など | Main | ネットは新聞を殺さないが… »