« 中国に対して祈る気持ち | Main | プロマスコミの弱点II »

April 15, 2005

中国の巧みな外交戦略

朝日の社説(4月15日)を読みました、「日中経済 こちらの知恵も試される」という題ですが、これが結構面白い、中国が「米国の裏庭といわれ、日本との歴史的なつながりも深い中南米諸国にも、中国は積極的な資源外交を進め、日米をあわてさせている」のに対し、日本と言えば「小泉首相は財界人と度々会っていながら、靖国問題などの悪影響を心配する声には耳を貸さないという」と揶揄されており、「日本側もアイデアや実行力が問われている」と結んでいます、小泉首相のように財界人の声に耳を貸さないというのは論外ですね、中国の外交が巧みなのは有名です、この社説にも書いてありますが、東アジア共同体の構想に日本がインドなどを加えたいと提案すると、直ぐに中印の経済連携を強化しています、中央政府が「ドイツの常任理事国入りを支持する」と発言したと思ったら、裏で北京市、上海市など省・市のレベルでは「デモの自粛を求める」と言っています、硬軟取り混ぜて揺さぶるわけです、そんな揺さぶりに負ける日本の姿はみたくありません、なんかアメリカに揺さぶられて太平洋戦争にさ迷い込んだ65年前を彷彿とさせます、もちろん今戦争は決して起こらないわけですが。。。_| ̄|○

|

« 中国に対して祈る気持ち | Main | プロマスコミの弱点II »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中国の巧みな外交戦略:

« 中国に対して祈る気持ち | Main | プロマスコミの弱点II »