« 中国のマスコミ&日本の対策 | Main | ホリエモンに落胆&フジ社員に喝 »

April 19, 2005

もう小泉さんじゃなくてもいいでしょう

日経NETによると首相、反日教育に懸念表明・中国デモでとのこと、首相の靖国神社参拝が中国国民の心情を傷つけているとの指摘に関しては「私はそうじゃないと思う。これは不戦の誓いと戦没者への哀悼の念で参拝している」と強調したそうです、反日教育に懸念表明はいいですが、靖国参拝に関してはもっと慎重な発言をしていただきたいものです、相手が理解できないと言ってるわけだから、取り敢えず今年は取り止めにすべきじゃないですか、今月号のホリエモン特集の文芸春秋にも書いてありましたが、この一件で中国政府は江沢民さん、胡錦濤さんと国家主席が二代に渡って小泉さんに愚弄されたと思っているようです、私は自民党に郵政民営化問題を口実にこの外交に超鈍感な小泉さんを退陣させて欲しいと思います、もう小泉さんじゃなくてもいいでしょう、私的には政局になって、衆議院選挙がある方が面白いです

《追記》
コメントありがとうございます、おっしゃるような見方もできますから難しいですね、だから参拝を中止するにしてもプロセスが大事なような気がします、「参拝は祖国を守った英霊に感謝するためだ」と言い続けることが大事です、その上で「中国・韓国国民の心情に配慮」し今年は参拝を取りやめる、でも中国・韓国を訪問する度に「靖国を参拝させて欲しい」と言い続けるだと思います、ドイツは屈辱的なことを何回も繰り返しやっています、でも、それでヒトラーの亡霊から抜けてヨーロッパNo.1の国になっています、もう二度の世界大戦を引き起こした国には戻らないでしょう、それに比べると日本はやっていることが甘すぎるように感じます、戦後の教育で戦前アメリカが日本に対してやった侮辱的な仕打ちを覚えているのは、70年安保闘争を闘った団塊の世代まででしょう、ホリエモンの団塊ジュニア世代になるともうその記憶は希薄です、梅原さん、稲盛さんが道徳の大切さを説いています、日本の治安が乱れている原因は戦後の教育にあるのは間違いありません、ただ、宗教というものを前面に押し出すのは少々賛同できません、またアラヌ方向に行くような気がしてならないのです

《追記2》
衆院補選:福岡2区 特定郵便局長会が民主・平田候補支持とのこと、これでまた3000票のキャスティングボードの行方が気になります、選挙の当落を左右する極一部の人間が権力を持つのはいけませんねぇ、まエロ拓さんが消えるのは歓迎です

|

« 中国のマスコミ&日本の対策 | Main | ホリエモンに落胆&フジ社員に喝 »

Comments

いつも立派なご意見を感心して読んでいます。たまにそうかなと思うことがあり、コメントさせていただいています。

私は小泉さんが靖国に行かないということについては大反対です。この件では

1.中国首脳(人民?)は首相が靖国に行くことを愚弄されたと思っていること。
2.小泉さんは盧溝橋で侵略という言葉を使用して謝罪していることから、中国に対して謝罪の気持ちがあること。
3.小泉さんは靖国に行くことは戦死された方への哀悼の意で中国侵略を政党さするためではないと、常々言っていること。

今もし、中国に配慮して靖国に行くことを中止すると、中国は自分の主張が通ったと思うでしょう。ということは小泉さんは言葉では謝罪をしているにもかかわらず内心では愚弄していたことを認めたことになる。つまりやはり日本人は心から謝罪をしていないということになると思います。それは彼の真意ではないでしょうし、日本人の真意でもないと思います。

いままで日本は中国の意見を簡単に聞くことでむしろ軽蔑されていたのではないかと思います。お互いの主張を一致させることは簡単ではないと思いますが、誤解であるのであれば時間をかけてでも解くことをすることが、互いの信頼につながるのだと思うのですがいかがでしょうか。

ちなみに私もそろそろ小泉さんは変わっても良いかなとは思っています。

Posted by: hiros | April 22, 2005 02:42 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もう小泉さんじゃなくてもいいでしょう:

» 反日デモと小泉首相のセンス [グータラリーマンのつぶやき]
小泉首相 「郵政なんちゃら貌」、自民党の内輪揉めで大変そうですね。党執行部への一任を取り付けたとの事、私には一体何のためにやって何が問題なのかイマイチよく分からないのですが、とりあえず大変そうですね(棒読み)。 さて、私には目下の反日デモと、それが経済に..... [Read More]

Tracked on April 20, 2005 03:02 AM

« 中国のマスコミ&日本の対策 | Main | ホリエモンに落胆&フジ社員に喝 »