« 中韓の歴史教科書研究 | Main | ロックフェラーセンター買収&売却問題 »

April 27, 2005

中台対話

いよいよ中台対話が始まります、毎日新聞が社説で「中国には、この国共会談を台湾与野党の対立分断をあおる政治的策略に利用するのではなく、政権党である民進党との会談を展望した平和的対話戦略として位置づけてもらいたい」と書いてありますが、中身はもっとドロドロしたものだと思います、台湾の内省人を基盤とする民進党は、台湾が将来政治的に中国に組み入れられた場合、ひとつの省としての台湾の独立性に明らかにこだわりますが、中国本土の政権を奪取しようという気持ちは薄いと思います、でも台湾の外省人を基盤とする国民党はそうではありません、中国の共産党による一党独裁が崩れ、国民党にも中国本土の政権奪取の機会が来ることを願っているはずです、もちろん戦争を起こそうなどとは思っていないでしょう、あくまで平和的にそうなることを考えているはずです

中国政府はどう思っているのでしょう、頭の柔軟な人は早晩一党独裁が立ち行かなくなる可能性が高いと思っているでしょう、そこでそうなる前に国民党の力を確かめ、その考えを聴いておこうということだと思います、本来中国政府としては台湾がひとつの省になってくれれば台湾内にとどまる民進党の方が危険は少ないはずです、彼らは民主政治になっても今の共産党の指導体制が揺るがない方向を模索していると思われます、中国と台湾のビジネスマンは中台関係が緊迫することを一番嫌っているはずです、そして平和的に民主政治に移行すれば自分達の財産・地位は安全と思っているはずです、この中台対話は日本の将来を占う上でも徹底的に重要です、このような双方の思惑を日本の政府・外務省がキッチリみれるかどうか私には疑問です

《追記》
コメントありがとうございます、非常に興味深いので本文に全文を提示させていただきます、「中華人民共和国憲法は複数政党制を認めており」という点で巧妙にガス抜きをしていますね、このへんの成り立ちが後に変質しましたがプロレタリアート革命を起こし、帝政を崩壊させたロシア=ソ連と違うところだと思います、中国の場合隣国がソ連ということもあり、たまたま共産党政権になったというのが私の印象です、台湾はある意味本当に一国として独立したい民進党と中国の一部に潜り込み本土を奪取したい国民党の争いなのかもしれません、今の中国は中央集権ではありません、朱元首相の指導で地方分権が日本より遥かに進み、見事な中華”連邦”共和国に仕上がりました、気付いている人が余りにも少ないのですが、正直このことだけも日本にとっては脅威なのです、私はこれで中国の分裂はなくなったと読んでいます、国民党と組んで台湾を取り込むことは可能です、中国共産党の本来の支持基盤は地方の農民層です、先富は終りました、これからはその富をいかに地方の農民層に拡げられるのか、中国共産党の運命はそこにかかっています、いずれにしても長い目でみた民主化は避けられないと思います
-------------------------------------------------
<いただいたコメント>
正確には、中華人民共和国憲法は複数政党制を認めており、共産党だけが「執政党」として権力を握り、その他の政党が「参政党」として存在を認められている形です。だから「一国二制度」もあれば、非共産党員の国家副主席就任もある(実質的な権力はない)という仕掛け。日本人が中国政治を誤解しがちなのは、つい西洋流の仕組みや考え方を当てはめようとするからで、中国は中国的に憲法や政党を規定しているので、ここからして齟齬が生まれてしまうことになります。台湾の「独立」も省としての独立ではなく、大陸をも含めた中華民国全体からの独立という意味ですから、この点も留意が必要だと思います。

社説:連戦氏の訪中 国共会談から中台対話に

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 中韓の歴史教科書研究 | Main | ロックフェラーセンター買収&売却問題 »

Comments

正確には、中華人民共和国憲法は複数政党制を認めており、共産党だけが「執政党」として権力を握り、その他の政党が「参政党」として存在を認められている形です。だから「一国二制度」もあれば、非共産党員の国家副主席就任もある(実質的な権力はない)という仕掛け。日本人が中国政治を誤解しがちなのは、つい西洋流の仕組みや考え方を当てはめようとするからで、中国は中国的に憲法や政党を規定しているので、ここからして齟齬が生まれてしまうことになります。台湾の「独立」も省としての独立ではなく、大陸をも含めた中華民国全体からの独立という意味ですから、この点も留意が必要だと思います。

Posted by: 斉藤久典 | April 27, 2005 05:08 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中台対話:

» 朝日論調・主張・見解と広報部門の乖離 [愚小キケロの日々]
「…では、好きな社の新聞をとればいいでしょ。」 …購読者の問合せ・要望への朝日新聞大阪本社(広報)電話返答の結び言葉であります。これ、“大朝日”の捨てゼリフと受け取ればいいのでしょうか?  喧嘩したのではなかったのに、ナゼこのような言辞が出てくるのだろう? 今も番組改変騒動でNHKとやり合う「大衆の味方」と思ってきたのに…。試しに、これを『声』に投書してみようかな。 (取り敢えず、この件を朝日新聞aspar... [Read More]

Tracked on April 27, 2005 03:11 PM

» 第三次「国共合作」への道。 [Espresso Diary@信州松本]
3度目の国共合作です。台湾の国民党の連戦(リエン・チャン)が、中国共産党の胡錦涛(フー・チンタオ)と握手をします。この意味は小さくない。アジアの歴史の焦点が、資本主義と社会主義の対立から、地域の自立意識へと変化していることを示す出来事だからです。... [Read More]

Tracked on April 27, 2005 04:55 PM

» 国民党・連戦主席が南京入り…60年ぶりトップ会談へ [Die Sorge]
国民党・連戦主席が南京入り…60年ぶりトップ会談へ (読売新聞)  【南京(中国江蘇省)=伊藤彰浩】台湾の最大野党、国民党の連戦主席は26日午後、江蘇省南京入りした。  同党主席が中国を訪問したのは、1949年の中台分断後初めて。連氏は、29日に北京で、胡錦濤・中国共産党総書記と、毛沢東―蒋介石の会談(1945年)以来、60年ぶりの国共トップ会談に臨む。  連氏一行は、香港から中国東方航空チャーター便で南京禄口空港に到着した。南京は、蒋介石による国民党政権が首都をおいたゆかりの土地... [Read More]

Tracked on April 27, 2005 09:14 PM

» 中国の自重と日本の安全保障 [よろずもめごと論]
 (少し前の話になるが)反日デモについて中国政府が自重を求め始めた。また壊された店舗に対して謝罪はしないものの事実上の補償にも着手しているようである。  今回はこの状況が意味するところを考えてみた。 ... [Read More]

Tracked on April 30, 2005 05:32 PM

» ・中韓の動きに惑わされるな 〜急に態度を変え始めた中韓政府〜 [アジアの真実]
盧大統領「韓日は共同運命体」:朝鮮日報  盧武鉉大統領は27日、韓日関係と関連し、「韓国と日本は東北アジアの未来をともに切り開いていくべき共同運命体」とし、「その未来は疑いようもなく平和と共存」と述べた。  盧大統領はこの日、在日本大韓民国民団(民団)機関... [Read More]

Tracked on May 01, 2005 01:09 AM

« 中韓の歴史教科書研究 | Main | ロックフェラーセンター買収&売却問題 »