« 反日対策(日本企業の戦略的外交への期待) | Main | ローマ法王の葬儀の意味 »

April 13, 2005

ネットは新聞を殺さないが…

毎日MSNニュースの「ネットは新聞を殺さないが…」について、概ね賛成ですが、ネットと既存メディアの違いについて「既存メディアは多くの人を対象に冷静に報道する」と発言していたがこれには賛成しかねます、冷静に報道せず、恣意的に報道するから困っています

《追記》
コメントありがとうございます、インタビューを受けられた方から直接いただき恐縮しておりますm(__)m、さて「そうですよね。おっしゃる通り。」とご自分の考えが正確に記事になっていないとのこと、ここで感じるのは新聞・雑誌のインタビュー記事、テレビのインタビュー番組の出稿・編集の難しさです、言葉って難しいんだなぁってあらためて思いました、「渋谷ではたらく社長の告白」を書かれた藤田さんもテレ朝の番組に出られてうまく伝わるかなって言ってましたし、今NOVAの宣伝に出ている佐藤元首相が俺はブンヤはウソを書くから嫌いだと言い放ち、一人テレビの生放送で話したという伝説を思い出しました

|

« 反日対策(日本企業の戦略的外交への期待) | Main | ローマ法王の葬儀の意味 »

Comments

そうですよね。おっしゃる通り。冷静っていう表現使ったのかなあ。ネットと対比してということで、そういう表現にしたのだろうか。自分で読んでみて確かに、アレって感じです。

Posted by: 湯川 | April 13, 2005 03:29 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ネットは新聞を殺さないが…:

« 反日対策(日本企業の戦略的外交への期待) | Main | ローマ法王の葬儀の意味 »