« 中国の巧みな外交戦略 | Main | 記者失格&反日のはねっかえり »

April 15, 2005

プロマスコミの弱点II

4月6日に「プロマスコミの弱点」という記事を書きました、「取材に行く前に結論を決めている、いろいろな側面からものをみない、事実を誇張したり、一部の事実を意図的に隠し伝えない」などと大変失礼なことを申し上げました m(__)m、そうしましたらTVディレクターの方から「取材に行く前に結論を決めているというのが一番の問題なのだが、そうしないと、現実的に仕事が回らないからです」とコメントをいただきました、長野智子さんがご自身のブログの記事「VIPが着席するとき、各国の首脳、特にアラブ国家の人たちが、ブッシュ現大統領でなく、クリントン前大統領のところばかり挨拶に行くのはちょっと笑えたけど。」と書かれたのに対し「笑うとこじゃないですよ、そこがまさに重要なとこじゃないですか。。。」などと批判してしまいましたが m(__)m、後でふっと気が付きました、この「ちょっと笑えたけど」って書かれたことが重要なんだと、TVディレクターの方も長野さんも仮説を持って取材に臨んでいるんだと思います、だから彼女のように「各国の首脳がブッシュ現大統領でなく、クリントン前大統領のところばかり挨拶に行く」のに気が付き取材ノートに書かれるわけです、本当のプロマスコミとはこういうことに気付き取材ノートを書き記事に起こされる方、ニセのプロマスコミとはこういうことに気付かない、気付いても取材ノートに書けない、書かない、気付いて書いても記事に起こさない方ではないかと思いました、ここが「仮説を持って取材に臨む人」「取材に行く前に結論を決めている人」との、似て非なるところだろうと思います、如何でしょうか?、何もこのことはジャーナリストに限ったことではありません、ビジネスをやっている方すべてにあてはまると思いますで、私も常に気をつけたいと思います

《追記》
大前研一さん「アメリカの新聞はWSJが共和党、NYタイムズは民主党支持で固まっており、他の意見を受け付けない。」と言っておられました、その大前さんもゲームの件では切り込み隊長に「老害候補・大前研一氏、ゲーム業界を香ばしく騙る」などと袈裟懸けに合ってしまうわけですが。。。 (^^ゞ

《追記2》
コメントありがとうございます、時間のある限りご努力いただければと思います、貴重なご意見ありがとうございました

《追記3》
コメントありがとうございます、そして宜しくお願いします m(__)m

《追記4》
コメントありがとうございます、プロマスコミの報道、特にテレビは眉に唾つけてみるしかないですかネ、寂しいデス_| ̄|○

|

« 中国の巧みな外交戦略 | Main | 記者失格&反日のはねっかえり »

Comments

TBありがとうございます。同じ取材でも仮説をもって取材に行くのと、はじめから結論ありきで、補強材料としての事実を探しにいくのでは、おのずと内容も変わってきます。
しかし後者のほうが時間に追われている身としては取材の効率はいいです。それからデスクやプロデューサーなど管理する側からすると、かってに記者などに現場でいろいろ考察を重ねられ、黙考を繰り返されていては日々の仕事が回らないという事情もありましょう。紙面も作りにくいです。
この問題は非常に難しい問題で、じっくり時間をかけて一つ一つのテーマに取り組むことができない多忙な記者側の事情と、できるだけ分かりやすく、興味をひくように事象を単純化したいデスク側の都合が微妙にブレンドされて、どんどん発信される情報が劣化していくんですよね。
こないだもコメントしましたが、現行のTVや新聞など、見る側が受け身のメディアでは、こういう「わかりやすさ競争」「一瞬のおもしろさ競争」みたいなのを止めるのは難しいですね。ある程度自発的にニュースを見る層に向けたネットなどのメディアでは、もう少し受け手側が取捨選択して、検証も加えた上で見るのでしょうけど。
しかし、実際の世の中では、こうした単純化してパッケージ化された情報を、朝、歯を磨きながら、横目で見たいという人がほとんどなわけで、なかなかニュースのあり方は一朝一夕では変わらないだろうなというのが私の意見です。

まとまりありません、すいません。取り急ぎ。

Posted by: hakohugu | April 17, 2005 11:25 PM

TBすいませんでした。取材に行く前に~というのは、私自身も考えさせられるテーマで、いずれまとめてみたいと考えています。

Posted by: 踊る新聞屋-・ | April 22, 2005 09:55 PM

あたしは取材を受ける側ですが、『取材に行く前に~』というのは、もう当然のことなんだと思ってました。特にテレビでは顕著。それに合う数字を探すのに苦労します(笑)。新聞は、ストーリーは合わないところはカットするか、取材自体がなくなるかの場合が多いですね。

Posted by: とと | April 23, 2005 12:47 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロマスコミの弱点II:

» ニュースのブログ化における『壁』 [札幌から  ニュースの現場で考えること]
愛読しているブログ猫手企画@新聞屋さんのエントリ「カナロコTB&コメント解禁:猫手企画が1gets!」によると、猫手さんが神奈川新聞に初トラックバックを行ったそうです。おめでとうございます~。 その神奈川新聞が、毎日新聞に登場。「地方紙とネット 「カナロコ」の挑戦」と題する記事で、担当の局長さんがインタビューに答えています。それを読みながら思ったのは、いやはや、メンテナンスも含めてなのでしょうが、保守管理がたいへんそうだなあ、と。それに、やはり、新聞社によるニュースのブログ化には、ある種の制約... [Read More]

Tracked on April 17, 2005 10:28 AM

» 第二次記者クラブ訴訟と私の陳述書 [札幌から  ニュースの現場で考えること]
私の友人でもあるフリージャーナリストの寺澤有氏が、裁判所での判決取材に際し、裁判所から判決要旨の配布を拒まれたのは違法であるとして、第二次記者クラブ訴訟を起こしている。 訴訟については、ココ(ストレイ・ドッグ)が詳しいので、まずはそちらを。簡単に言えば、こういうことだ。 大きな裁判の判決では、判決要旨はふつう、記者クラブ側の事前要請に基づいて、裁判所が配布の可否を決定し、OKとなれば、クラブ加盟社に判決の言い渡し直後に交付する。ところが、寺澤氏はかつては松山地裁で(第一次記者クラブ訴訟)... [Read More]

Tracked on April 17, 2005 10:28 AM

» 無能なマスコミ、株価も知らずに株の質問 [1喝たぬき]
 マスコミの方々は株価についての最低限の知識もなく、株についての質問が平気で出来るようだ。恥という言葉を知らないのだろうか。皆も知らないんだから知らなくってもいいやということか。厚顔無恥・無能、知識レベルは小学生低学年並み。頭の中に、おがくずでも詰まって... [Read More]

Tracked on April 17, 2005 11:28 AM

» 「朝飯ペロリ平らげる」事件報道の構造的欠陥(名張毒ぶどう酒事件) [踊る新聞屋-。]
 判例雑誌のバックナンバーをコピーするため図書館へ行ったついで、「名張毒ぶどう酒事件」当時の新聞縮刷版を見てきました。前のエントリで気にかかっていたことを調べるためです。  まずは、見出しだけざっと並べてみます。 1961年(昭和36年)▼は朝刊▽は夕刊 -3月29日(水) ◇朝日 ▼ブドウ酒で五人死ぬ 生活改善クラブ 全部女、十人は重体 三重県名張市 農薬の中毒か 自然には毒性帯びぬ▽“ブドウ酒事件”本格的に捜査 他殺、過失両面から 毒物検出も始める ひと息にのみ死ぬ 男子は日本酒... [Read More]

Tracked on April 22, 2005 09:46 PM

» ないことも真実 [元気じゃぁ~.でもたまに愚痴るぞぉ~♪]
時事を考えるさんとこで『プロマスコミの弱点』『プロマスコミの弱点Ⅱ』を読んだ.そ [Read More]

Tracked on April 24, 2005 12:32 AM

« 中国の巧みな外交戦略 | Main | 記者失格&反日のはねっかえり »