« アマゾンユーズドブック | Main | ケータイで小説を読む? »

April 22, 2005

アジア諸国に向けて反省とおわび v(^^)v

小泉首相:「反省とおわび」を表明へ バンドン会議とのこと、日中首脳会談ではなくアジア諸国に向けてというのがいいですね、とても秀逸です v(^^)v、ま、ライオン丸君のアイデアではないと思いますが、こういうのが戦略的外交のひとつだと思います、やればできるじゃないですか

《追記》
産経はやはり右よりの発想ですね、「贖罪ばかりが目立つ」と言っていますが、小泉さんが過去に何の手も打ってないから今こう言わざるを得ないんだと言いたいですね、私は日中首脳会談の場ではないことを素直に評価したいです、日中首脳会談ではこの発言を受けた形でまず中国側に暴力行為の謝罪を求めるべきです、でもまぁ、盟友山拓さんの補選対策かもしれませんネ、応援遊説で郵政民営化の持説をとうとうとまくしたて、特定郵便局の3千票を失ったらしいですから_| ̄|○
小泉首相:バンドン会議で「反省、おわび」 異例の演説(毎日)
経産省、アジアで官民協力型経済援助推進・タイなどと調整(日経)
【視点】対中配慮も「真の友好」遠く(産経)

《追記2》
コメントとTBありがとうございます、確かに1次情報ではないですからネ

《追記3》
小泉さんがアジアに向けて謝罪演説をしたと同じ日に議員さん80人が靖国に参拝したことに韓国のマスコミが反発しました、確かに今日は靖国神社の春の大祭で区切りの日なのだが、ワザワザこの日に参拝することないだろと思いました、日中首脳会談終了後の明後日にするくらいの柔軟な発想がないんですかネ、こういうことを言うと反発する人も多いとは思いますが、本当に日本の政治家には戦略的な視点がないと思います、次の首相候補である平沼さんの顔もみえましたが、これじゃ応援できないですね
小泉首相:謝罪演説は「口だけの謝罪で意味がない」韓国

なかなか開催が決まりませんでしたが、こういうことをやるから日本人に嫌われるのです、決して中国の得にはならないと思いますが、如何ですか?
日中首脳会談、23日夜開催固まる

《追記4》
TBありがとうございます、「バカな中国人民は、このまま5月の初旬の暴動もド派手にやってくれるだろう」とのことですが、でも、都市部のデモの首謀者は相当利口なのでもう本当の資本主義になりましょうよと思っているきらいがあります、だと、デモそのものは確信犯的にヤルのではないかと睨んでいます、暴力行為があるので欧米各国にお目玉を喰らうのであれば、中国政府としては「暴力行為に謝罪し、恥ずかしいことだ」と言った方が実は良かったとなるのではないかと感じています、「ただ、間が悪いことに、この時期に靖国神社に参拝する輩がいるので、ここからまた、訳のわからん理屈をこねてくる可能性はあるだろう。(私はここまで靖国にこだわる理由がよくわかりません。勉強不足なのだろうが・・・。)」とのこと、仰るとおり馬鹿ですよね、ここまで靖国にこだわる理由はだと思うのですが、ここまで派手にやるとなんだと思われ、ザルになっている可能性があります

《追記5》
TBありがとうございます、そうなんですか50年ぶりの開催ですか知りませんでした、では何で開催されたんですか?

|

« アマゾンユーズドブック | Main | ケータイで小説を読む? »

Comments

トラバありがとうございました。新聞でもいろいろな書き方していますね。

いろいろ読んでいると違う情報にひきづられそうになりますね。日米の牛肉問題を昨日のブログで扱ったのですが、取材でいろんなネット記事を読んでいたら、すでに解禁したと勘違いしてしまった私の実例がありますから。

Posted by: MARGARET | April 22, 2005 06:38 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アジア諸国に向けて反省とおわび v(^^)v:

» USAは対中強硬策 [1喝たぬき]
対中通商でより強硬になるべき=通商代表に指名の米議員 [ワシントン 21日 ロイター] 米通商代表部(USTR)の次期代表に指名されているロバート・ポートマン下院議員は、「われわれは、もっと強硬なアプローチが必要だと思う」とし、「対中貿易赤字は昨年だけ... [Read More]

Tracked on April 22, 2005 02:24 PM

» 反日デモ [MARGARETの徒然草]
祝:初トラバ!1渇たぬきさん、ありがとうございます!また、コメントでもお詫び申し上げさせて頂きましたが、名前の表記を誤ってしまい、大変申し訳ありませんでした。この場でもお詫び申し上げるとともに、下にリンクを張らせて頂きました。今後も「MARGARETの徒然草」を... [Read More]

Tracked on April 22, 2005 05:41 PM

» 小泉首相、侵略戦争について反省とお詫び [★★こころのままにっき★★]
小泉首相は、アジア・アフリカ会議(AA会議)50周年の首脳会議で演説し、95年の終戦記念日の村山首相談話を引用して、侵略に対する「痛切な反省と心からのおわび」を表明、世界の平和と繁栄に貢献していく決意を示した。   と、ここまでは良かったのだが、その後の... [Read More]

Tracked on April 22, 2005 06:08 PM

» 靖国は行ったらいかん! [だんなの屋根裏部屋]
今晩日中首脳会談が実施されるそうですが、当然中国側からは「靖国参拝問題」が取り上げられると思います。どこかの国会議員は集団で例大祭にあわせ参拝し韓国側に反日プロパガンダの絶好のネタを提供しています。韓国側は小泉演説に対し「行動が伴わなければならない」として発言自体意味がないと見なしています。相手側の対応をそのままはねつけるようでは、日本側がどのような対応をとろうと認めるということはしないでしょう。 ところで国会議員や閣僚の靖国参拝ですが、日本人の死生観を考えれば理解出来ない一面もありません。「今後... [Read More]

Tracked on April 23, 2005 07:58 AM

» 小泉首相が「お詫び」 [つれづれなる・・・日記?]
とうとうというか、ついに小泉首相が国際会議でお詫びすることになった。 1995年に当時の村山総理がその旨の発言をし、それを踏襲する形での今回のお詫びとなった。 元ネタはこちら → 小泉首相 バンドン会議で「反省、おわび」 異例の演説 さぁ、どう出てくる?中国政府! ただ、間が悪いことに、この時期に靖国神社に参拝する輩がいるので、ここからまた、訳のわからん理屈をこねてくる可能性はあるだろう。... [Read More]

Tracked on April 23, 2005 08:49 AM

» 小泉首相 A・A会議で「反省」 [=社説は語る=]
小泉首相演説要旨 毎日新聞より <過去50年の歩み>  50年前、バンドンに集まったアジア・アフリカ諸国の前でわが国は平和国家として国家発展に努める決意を表明したが、この志にいささかの揺るぎもない。わが国はかつて植民地支配と侵略によって多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた。こうした歴史の事実を謙虚に受けとめ、痛切なる反省と心からのおわびの気持ちを常に心に刻みつつ、わが国は第二次世界大戦後、一貫して経済大国になっても軍事大国にはならず、いかなる問題も武力によらず平和... [Read More]

Tracked on April 23, 2005 06:40 PM

» 4月22日アジア・アフリカ会議が開幕 [日本の中心で、馬鹿を叫ぶ!]
4月22日アジア・アフリカ会議が開幕しました。1995年第1回AA会議(バンドン [Read More]

Tracked on April 23, 2005 10:07 PM

» ヤカラとその手下 [楽天天国]
お詫びと謝罪は違う!誠意を見せんかい(−−〆)→【中国】「おわびは謝罪ではない」、小泉首相演説を否定か兄貴がいるから俺も言うたろ!こらボケ日本!お前なんか嫌いじゃ!!→日本の歴史認識を3回批判=小泉演説を事実上否定−韓国首相こわ〜い2国の脅しでした。コメ...... [Read More]

Tracked on April 23, 2005 10:11 PM

» 日本側がイニシアティブをとった首相演説での謝罪表明 [la3751の日々雑感]
 小泉首相が、22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)で演説を行った。 内容は、①日本は平和国家として歩む、②軍事大国にはならない。③植民地支配と侵略によって、多大の損害と苦痛を与えた。歴史の事実を謙虚に受けとめ、痛切なる反省と心からのお詫びする。 ④世界の平和と反映に貢献するというものです。  このタイミング、中国で反日デモが頻発している最中に発言するというのはとても勇気のいること だと思います。  日本国内では、強い措置をとるべきだという声が大きいからです。  過激な暴力行為が、デ... [Read More]

Tracked on April 24, 2005 12:05 AM

» 日中首脳会談で小泉首相がいい仕事をした件について(前編) [気になったことを調べるblog 〜ソースは2ch〜]
とりあえず毎日新聞のサイトより要旨を引用してみます。◇日中首脳会談の要旨(日本側説明)◇  小泉純一郎首相 戦後60周年にあたるが、両国の国民感情に難しい問題がある中で、トップレベルの会談を新たな友好関係への転機にしたい。 胡錦濤国家主席 今回の会談を...... [Read More]

Tracked on April 24, 2005 10:22 AM

« アマゾンユーズドブック | Main | ケータイで小説を読む? »